【よりダイナミックなスタイリング】VWティグアン フェイスリフト 公式スケッチを公開 今夏発表 欧州

2020.04.22

サマリー

VWのティグアン・フェイスリフトのデザイン画が公開されました。ダイナミックな外観と新しい技術が採用され、PHEV、ガソリン、ディーゼルで提供されるそうです。ホットなRバージョンもそれに続く可能性があります。

もくじ

ティグアンのフェイスリフトモデル
Rバージョンも登場か

ティグアンのフェイスリフトモデル

text:James Attwood(ジェームズ・アトウッド)

この夏に発表が予定されている、フォルクスワーゲンの人気のコンパクトSUV、ティグアンのフェイスリフトモデルのスケッチが初めて公開された。

第2世代のティグアンは、2016年の発売以来、同社のベストセラーモデルとなっている。

VW ティグアン・フェイスリフトモデル
VW ティグアン・フェイスリフトモデル

昨年は、標準モデルおよび拡張ホイールベースのオールスペース・バージョンを合わせて、91万926台が生産された。

標準のティグアンが、まず最初にフェイスリフトを受け、その後すぐにオールスペースが続く予定となっている。

ホットなRパフォーマンスバージョンの計画もあるようだ。

ティグアンのマーケティングボス、ヘンドリック・ムトによるプレゼンテーションの一部として示された、このスケッチからは、同社の燃焼エンジンモデルの、最新のトレンドとなっている、新しいグリルとフロントバンパーのデザインが確認できる。

ティグアンのフェイスリフトモデルについて、ムトは「デザインに大きな変化があるでしょう。まったく新しいフロントを備え、よりダイナミックな外観となります」と述べている。

LEDフロントライトとリアライトが標準装備され、同社のマトリックスLED「IQライト」がオプションで用意される。

 

人気記事