【SUVが支えて新記録】フォルクスワーゲン 昨年630万台販売 Tクロス/Tロック/アトラスで業績アップ

2020.03.24

サマリー

VWが、2019年の業績を発表。Tクロス、Tロック、アトラスというSUV勢が、業績アップに貢献。VWとして新記録の総計630万台を販売しました。

もくじ

ティグアン 70万台販売
米国 新車VWの半分 SUVに
全クラスにMEBベースのEV

ティグアン 70万台販売

独フォルクスワーゲンが2019年の業績を発表した。過去最高の630万台の新車を販売し、新記録を達成したという。

主要なすべての市場でシェアを高めたわけだが、その主な要因は小型SUV「Tクロス」、中型SUV「Tロック」、大型SUV「アトラス」といった利益率の高いSUVモデルの人気によるものだ。

フォルクスワーゲン・アトラス(2021年モデル北米仕様)
フォルクスワーゲン・アトラス(2021年モデル北米仕様)

また、70万台以上が販売された「ティグアン」は、再び世界で最も販売されたフォルクスワーゲンとなり、「ゴルフ」とともに世界のベストセラー・モデル・トップ10に入った。

こうした成功は、業績の改善ももたらした。フォルクスワーゲン・ブランドの売上高は884億ユーロ(前年比5%増)に拡大している。

特別項目を除く営業利益は38億ユーロ(同17%増)。営業利益率は4.3%にアップし(2018年:3.8%)、4〜5%という目標値の範囲内に収めることができた2019年なのである。

米国 新車VWの半分 SUVに

近年のフォルクスワーゲン・ブランドは、SUVを武器とする戦略を計画的に続けてきた。

その結果、SUVモデルの数は、2016年の4車種から14車種に増加している。その成果を具体的な数値で見ると、ヨーロッパではSUVが販売の37%を占めており、米国では50%以上を占める。

フォルクスワーゲン・ティグアン(2019年モデル北米仕様)
フォルクスワーゲン・ティグアン(2019年モデル北米仕様)

こうしたモデル・ラインナップの最適化と一貫したコスト管理により、フォルクスワーゲンは各地域において業績の回復を遂げたのだ。

「2019年は、フォルクスワーゲン・ブランドにとって実り豊かな年となりました。弊社の製品は、世界中のお客様を魅了することができました。そしてすべての主要な分野で進歩を遂げました。わたし達の戦略は実行段階に移り始めており、元々の約束を果たしています」と、ブランド最高執行責任者(COO)のラルフ・ブランドシュテッターはコメントしている。

全クラスにMEBベースのEV

今後の動向についても確認しておこう。新しいモジュラー エレクトリック・ドライブツールキット(MEB)をベースにした最初の電気自動車である「ID.3」は、この夏から欧州で納車される予定だ。

その後には、ブランド初の電動SUVである「ID.4」が続く。

フォルクスワーゲン初の電動SUVとなるID.4
フォルクスワーゲン初の電動SUVとなるID.4

従来のモデルの電動化も継続していくことによって、製品ラインナップをさらに拡充させる計画だ。

2022年までに、フォルクスワーゲン・ブランドは、すべての主要なセグメントにおいて、MEBプラットフォームをベースにした電気自動車を提供。2025年までに、少なくとも年間150万台のEVを販売するとしている。

「2020年は、とくにコロナウイルスのパンデミックにより、大きな課題に直面しています。しかし、昨年の確実な業績を背景に、わたし達は勇気と自信を持ってこの危機に立ち向かうことができます。フォルクスワーゲンは、力強いチームを持った、力強い企業です。そして、チームが一丸となって困難に立ち向かうことにより、大きな物事を達成できることをわたし達は過去に何度も証明してきています」とブランドシュテッターは付け加えた。

 
最新海外ニュース

人気記事