【最新スパイ画像】VWティグアンR 2.0L 4気筒エンジン 4本出しマフラー確認 2020年末発表か

2020.02.24

100字サマリー

VWティグアンのRバージョンと思われる、新しいスパイ画像が発見されました。新しいフロントデザインと、クワッド・エグゾーストが特徴的なこのモデルは、標準のフェイスリフトモデルと同時に、年末の発表が予想されています。

もくじ

ティグアンR
年内に発表か

ティグアンR

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)

フォルクスワーゲン・ティグアンのRパフォーマンス・バージョンと思われる、新しいスパイ画像が発見された。

前回、プロトタイプが目撃されてからほぼ1年が経っている。

VWティグアンR プロトタイプ
VWティグアンR プロトタイプ

エアインテイクの後ろにあるインタークーラー、大きなブレーキ、そして最も注目すべきは、ゴルフRハッチバックと同じ、クワッドテールパイプが見える。

ティグアンRの以前のプロトタイプと比較して、フロントエンドが微妙に作り直され、スタイリングは調整されていることから、ティグアンRよりも、さらに特別なモデルとなる可能性も高い。

このモデルは、今年後半の、ティグアン標準モデルのフェイスリフト発表時に、同時にデビューする可能性がある。

Rバージョンが追加されれば、ティグアンは3番目のRモデルとなり、新しく発売されたTロックRの上、これから登場する、トゥアレグRプラグインハイブリッドの下のモデルとなる。

R部門のトップ、ジョスト・カピトは、ティグアンRのアイデアについて、AUTOCARに対し「ティグアンRの可能性はあるでしょう」と語っている。

「TロックRとは種類の異なるクルマなので、トゥアレグのように、もっと日常的なモデルとなるでしょう」と付け加えた。

 
最新海外ニュース