【最速の911は最速のクルマ】ポルシェ911ターボSへ英国試乗 止まらない高速化

公開 : 2020.06.01 10:20

992型ポルシェ911ターボSの右ハンドル車へ、英国編集部が試乗しました。650psと四輪駆動を獲得し、息を呑むほどのスピードを叶えた最新のターボS。先日試乗した欧州仕様車に続いて、英国の道で評価しました。

もくじ

目的地まで最速で走れるクルマ
衝撃的なほど圧倒的に太いトルク
四輪操舵のお手本と呼べるステアリング
特別な意味を持つ911のターボ
300km/hが前提のポルシェ911
ポルシェ911ターボS(英国仕様)のスペック

目的地まで最速で走れるクルマ

text:Richard Lane(リチャード・レーン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
きっと前にあるのは、恐らく世界最速のクルマだ。

ポルシェ911ターボSの最高速度、330km/h以上を出せるスーパーカーは何台もある。より軽量でダウンフォースの多いマシンなら、より高速でコーナーを曲がれるはず。

ポルシェ911ターボS(英国仕様)
ポルシェ911ターボS(英国仕様)

だが一般道の環境で、目的地までの移動速度を考えた場合、ポルシェ911ターボSを超えるクルマはないだろう。この現実世界での性能は、ポルシェ911ターボの伝統ともいえる。

911ターボがフロントタイヤも駆動するようになったのは、1990年半ばから。高速走行時の安全性と、より刺激的な最高速度を叶えるために。

992型の911ターボは、これまでの系譜を進化させ、アクティブ・アンチロールバーを追加。先代から導入されたアクティブ・エアロと後輪操舵システムを磨き、前後異径のホイールを履く。

新しいターボSはボディ幅も広く、標準の992型カレラよりリアタイヤは48mmも外に出ている。それを包むように、ボディラインは美しい曲面を描き、グラマラスだ。

アダプティブ・ダンパーにトルクベクタリング、カーボンセラミック・ブレーキといった最新技術が、ターボSの走りを支える。今回の試乗車には、車高が10mm低くなるスポーツサスペンションも装備されていた。

リアの狭いエンジンルームに収まるのは、水平対向6気筒のツインターボ。2016年からは、標準の911カレラでもターボエンジンだが、あえてターボと呼ぶ違いは明らか。スペックシートの数字も段違いだし、アクセルペダルに触れた瞬間に、実感できる。

衝撃的なほど圧倒的に太いトルク

ドイツの技術者は、排気量をカレラの3.0Lから3.8Lへと拡大。大きなタービンを持つ、可変ジオメトリー・ターボを左右対称に取り付けた。吸気系統も新設計。リアウィングの根本付近にある、ラム・エアインテークからも盛大に空気を吸い込む。

より活発で激しいエンジンノイズとともに生み出されるのは、最高出力650psと、最大トルク81.4kg-m。先代の991型ターボSと比べると、0-200km/hの加速時間を1秒も縮めている。

ポルシェ911ターボS(英国仕様)
ポルシェ911ターボS(英国仕様)

暖かくなってきた英国の一般道で、最新の911ターボSを走らせる。想像以上に、恐ろしいほど速い。恐らく読者の想像を超える。

何より衝撃的なのは、圧倒的に太いトルク。静止状態のからのスタートダッシュでも、ステアリングを深く切り込んで、アクセルペダルを緩やかに踏み込んでいても、凄まじい。

クルマのテールヘビーなバランスを積極的に崩さない限り、トラクションもグリップ力も絶大。たとえ振り回そうとしても、天井知らずの運動性能を物語るような、落ち着きは薄れない。

911ターボSを運転するドライバーは、深淵なクルマの懐に抱かれる。雷鳴のようなサウンドがとどろく中で、ドライバーの小さなミスをすべて吸収してくれる。

非現実的なパフォーマンスにも関わらず、自信をかきたててくれる挙動。無数の、思慮深く仕上げられたメカニズムやシステムは、自然すぎて当然のようにすら感じてしまう。

フロント10ポッドの巨大なキャリパーを操るブレーキペダルは、常に完璧な入力を伝える。減速が遅れたり、過剰な制動力を生むことはない。短い直線でも、鋭く加速する気にさせる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事