【詳細データテスト】トヨタ ・ヤリス 内外装ともデザイン個性的 操縦性/乗り心地、進歩 17インチは避けたい

公開 : 2020.10.04 11:50  更新 : 2021.01.28 16:42

快適性/静粛性 ★★★★★★★★☆☆

新型ヤリスの、走りの洗練性における強みをもたらすのは、プラネタリーギア式トランスミッションに接続された2基の電気モーターだ。また、走行マナーを高める上で重要なのが、小さいほうのタイヤサイズを選ぶことである。

その2点が揃えば、ほぼ音もなく走り出すだけでなく、市街地走行では感心するほど頻繁にEV走行へ入ることも可能だ。しかも、その間ずっと、みごとにクッションの効いた低速域での乗り心地をみせてくれる。

エンジンノイズは粗く、遮音性は高くない。しかし、頻繁にエンジンを切ってEV走行してくれるので、騒音から来るストレスは軽減される。ただし乗り心地を重視するならば、16インチ仕様を選ぶのが必須条件だ。
エンジンノイズは粗く、遮音性は高くない。しかし、頻繁にエンジンを切ってEV走行してくれるので、騒音から来るストレスは軽減される。ただし乗り心地を重視するならば、16インチ仕様を選ぶのが必須条件だ。    JOHN BRADSHAW

経験上、17インチタイヤとハードなスプリングを組み合わせた仕様では、しなやかさが目減りする。上位グレードに目移りするかもしれないが、乗り心地を重視するなら要注意だ。

もちろん、プラグインハイブリッドは設定されていないのはご存知のとおりだが、これは駆動用バッテリーの容量が、一充電あたり7km弱しか走行できない程度だから。となれば、必然的に3気筒エンジンの出番がいずれやってくる。

このエンジンの掛かりかたがどうにもぶっきらぼうで、負荷をかけるとぶざまなノイズもかすかながら漏れ聞こえてくる。むしろ、3気筒ターボ単体のフィエスタよりも騒音が気になるくらいだ。

とはいえ、エンジンをこまめにシャットダウンしてくれるので、その不満は和らげられる。巡航中のような軽負荷時や減速時、またほどほど以上の加速が必要ない場合はたいてい、ガソリンを燃やさずに走ってくれるのだ。

そのため、総じてこのヤリスは、ほどよく付き合いやすいと思わせてくれる。おそらく、高速道路での静粛性は期待したほどではなく、風切り音やロードノイズは遮断しきれていない。太いAピラーが、市街地で目障りに思うこともある。しかし全般的にみれば、ハイブリッドのステータスとソフトなサスペンションが、このセグメントにおける優位性をもたらしている。

関連テーマ