【詳細データテスト】トヨタ ・ヤリス 内外装ともデザイン個性的 操縦性/乗り心地、進歩 17インチは避けたい

公開 : 2020.10.04 11:50  更新 : 2021.01.28 16:42

購入と維持 ★★★★★★★★☆☆

車両価格をみると、ヤリスの値付けはこのクラスでは割高に思える。しかし、装備内容の充実ぶりや残価率の高さを考慮すれば、競争力は十分にある。同程度のグレードで比べると、ポロやフィエスタより5%ほど高価だが、3年後の残額を踏まえれば、残価設定ローンの支払いはむしろ低く抑えられる。

また、燃費のメリットも大きい。テスト時の平均値は21km/Lを超えた。現実的な使用状況でも、一般的なAT車と変わらないイージーな2ペダル運転でありながら、かなり燃料を節約できるはずだ。

この3台のうちでもっとも残価率がいいのはヤリスだが、クリオ・ハイブリッドとの差はわずか。マイルドハイブリッドのフィエスタは、2台に水をあけられている。
この3台のうちでもっとも残価率がいいのはヤリスだが、クリオ・ハイブリッドとの差はわずか。マイルドハイブリッドのフィエスタは、2台に水をあけられている。

もしも街乗りだけに使うのでなければ、上位グレードのダイナミックかエクセルを選んだほうがいい。有償オプションになるものもあるが、この2仕様でなければアクティブセーフティシステムがフル装備できないのだ。なお、ダイナミックはオプションの2トーン塗装が設定され、エクセルは電子制御のドライバーアシストがより充実する。

関連テーマ