スバル・レガシィ・シリーズをマイナーチェンジ

2012.05.08

富士重工業は、レガシィ・シリーズをマイナーチェンジすると共に、2.0リッター水平対向4気筒DOHC直噴ターボエンジンを搭載したグレード、2.0GT DITを設定し、5月8日より発売を開始した。

今回マイナーチェンジされたのは、B4、ツーリングワゴン、アウトバックの3モデル。レガシィは、ヘキサゴングリルやヘッドランプ、ワイド感を強めたバンパーでフロントフェイスを一新。引き締まったスポーティなデザインとしている。

アウトバックでは、より“力強さ”を強調した専用グリルとバンパー、大型フォグランプを採用し、アウトバックらしさとスバルSUVシリーズのフラッグシップとしての存在感を表現するデザインとしている。

インテリアでは、インストルメントパネルの加飾パネルをダークメタリック調とし、インテリア全体をスポーティなデザインとしている。また、全グレードで上質感のあるシート表皮に刷新している。更に、電動パーキングブレーキやSI-DRIVEのスイッチの配置を見直すことで、操作性を高めている。

メカニズム面では、2.5リッター・ボクサーエンジンを従来型に対して中低回転域のトルクを向上させた他、新リニアトロニック(CVT)の改良、アイドリングストップを拡大採用などが行われている。

また、シャシーについても2.0GT DIT専用チューニングを実施。高速安定性の強化、車線変更時や連続コーナー走行時での安定性を高めている。

価格はB4 2.5iの2,268,000円からアウトバック3.6Rアイサイトの3,727,500円まで。

関連テーマ

 
最新国内ニュース