【ドアの閉まる音まで】新型日産ノート 謎が解けた、一気の上質化 日産が掲げる「高品質感活動」とは?

公開 : 2020.12.02 05:45

感性に訴える4つの階層 強調なぜ

理由の1つは、近年のモデルで、特に小型・中型車で製造コスト優先に思えるようなクルマ造りの印象をユーザーに与えてしまったことへの反省なのかもしれない。

商品企画の時期を考えれば、新型ノート開発はゴーン体制の中で進んできた。それでも、内田体制が掲げる「日産ネクスト」構想の中で、新生日産を強調するべく、高品質感活動をあえて表に出したように思える。

外観では、ヘッドライト外周とボディとの合わせ、バックドア開口パネルの見栄え、ドア閉じ音などを意識して「造り込まれた高品質感」を実現するため、開発の進め方として4つの階層を設けた。
外観では、ヘッドライト外周とボディとの合わせ、バックドア開口パネルの見栄え、ドア閉じ音などを意識して「造り込まれた高品質感」を実現するため、開発の進め方として4つの階層を設けた。    神村 聖

日産がいう、「造り込まれた高品質感」を実現するため、開発の進め方として4つの階層を設けた。

第1階層は、取組むテーマを明確化すること。

第2階層では、カスタマーの感性に与える提供価値を明確化すること。

第3階層になると、これらの評価を社内で基準化する。

そして、第4階層として、設計として基準化を図る。

具体的にどういう箇所を指すのか?

例えば、外観では、ヘッドライト外周とボディとの合わせ、バックドア開口パネルの見栄え、ドア閉じ音など。

インテリアでは、ステアリング/シフトバイワイヤー/各種スイッチの触感や操作感、内装シルバー加飾の質感、またグローブボックスを閉じる際の操作感など。

日産エンジニアによると「個人的には、日系メーカーでは、マツダの、感性に訴えることを重視したモノづくりが気になる」という。

高品質感開発 むろん、コストを重視

新型ノートの高品質感開発で、多くのユーザーにとってわかりやすい代表例が、「ドア閉じ音」だろう。

クルマの上質感は、ドアを閉めた時を、ズッシリとした音や手に伝わる感触で大きく変わる。

ドアのラッチがストライカーと呼ばれる部品に接触する第一打撃音。対策としては、設置部分に空洞を追加してクッションの役割を持たせた。もう1点は、ドアのバタつきによるドアラッチ内部の金属音だ。対策としては、ドアラッチ内のストッパーを設けるなどした。
ドアのラッチがストライカーと呼ばれる部品に接触する第一打撃音。対策としては、設置部分に空洞を追加してクッションの役割を持たせた。もう1点は、ドアのバタつきによるドアラッチ内部の金属音だ。対策としては、ドアラッチ内のストッパーを設けるなどした。    神村 聖

開発にあたり、ドア閉め音の官能評価項目と、それに伴う代表的な物理特性を明確にしたという。

「重厚さ」に対しては「低周波成分の比率」

「収まりの良さ」では「収束時間」

「ガチャつかなさ」では「高周波成分量」

「適度な音の大きさ」は「ラウドネスレベル」とした。

こうした中で、キーポイントは大きく2つ。

ドアのラッチがストライカーと呼ばれる部品に接触する第一打撃音。対策としては、設置部分に空洞を追加してクッションの役割を持たせた。

もう1点は、ドアのバタつきによるドアラッチ内部の金属音だ。対策としては、ドアラッチ内のストッパーを設けるなどした。

こうした細かい配慮により、コンパクトカーとしての車両価格を十分考慮した「コストパフォーマンスが高い、高品質感」を実現したという。

その他、運転支援関連、ウインカー・ハザード、Rギアなど、情報提供音と呼ばれる車内の音についても、「ブザー音から音楽へのエモーショナルな進化」を考慮したという。開発ではバンダイナムコ研究所と協業した。

日産の高品質感活動はさらに進化する。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事