【復活を夢見たエラン】ビーガンチューン・エバンテ140 TC オリジナルのツインカム 前編

公開 : 2021.03.13 07:05

日本向けツインカム・ユニットを製造

翌年、サリー州のケーターハムでは21台のセブンが作られた。レース用に組まれたシャシー番号7にはアルファ・ロメオ製エンジンが載っていたが、残りはロータス・ツインカム・ユニットが搭載された。

一方で、ロータス製ツインカムも古さを隠せなくなっていた。契約上、ロータスはケーターハムをサポートする義務があり、ツインカム・エンジンのチューニングで名を馳せていたビーガンチューン社が浮上する。

ビーガンチューン・エバンテ140 TC(1987-1993年)
ビーガンチューン・エバンテ140 TC(1987-1993年)

1975年にケーターハムと提携したビーガンチューンは、日本市場向けのケーターハム・セブン用として、エンジンの製造を始める。3年間で約300基のロータス・ツインカムが組み立てられ、一般道を走るパワーソースとなった。

しかし1978年、古くなったツインカム・ユニットの製造は終了。ケーターハムは多くの注文を抱えており、セブンの供給を止めるわけにはいかなかった。そこで、フォード製4気筒エンジンへの切り替えを決定する。

ロビンソンは大幅な改良を加え、ビーガンチューン・タイプA(VTA)と呼ばれるエンジンを完成させた。225E型トールブロックというケント・ユニットがベースで、排気量は1598cc。独自設計のシリンダーヘッドが組み合わされた。

コスワース社製のBDAユニットなど、当時の優れたツインカム・エンジンから発想を得た鋳造構造が特長。ロータス・ユニットの抱えていた問題の多くも、解決されていた。

関連テーマ

人気テーマ