【感心のオンロード性能】ランドローバー・ディフェンダー90 D250へ試乗 新インジニウム獲得

公開 : 2021.04.08 08:25

自然な身のこなしで操る楽しさ

同様に操縦性にも優れ、安楽に車線内にクルマを留めておける。ライバルといえる、ジープラングラーの後にディフェンダーを運転すると、修正舵がほとんど必要ないことに眼を見張る。高速道路での長距離移動も、快適にこなせる。

ディフェンダー90のステアリングはとても正確に反応し、手応えも充分。丁寧に必要なだけ操作すれば、意図通りに向きを変える。コーナリング時はボディロールが生じるものの、よく抑え込まれており、自然な身のこなしで操ることが楽しい。

ランドローバー・ディフェンダー90 D250 SE(英国仕様)
ランドローバー・ディフェンダー90 D250 SE(英国仕様)

トラクションやスタビリティ・コントロールは、スリップを検知するやいなや急激に介入してくる。でも、大きなボディには必要なものだと思う。

車内は、前後シートともに足もと空間は広い。後席は、頭上空間で少し物足りなさを感じるかもしれない。荷室容量も大きいとはいえはないが、魅力的なディフェンダー90の見た目との引き換えだ。

実は筆者は、新しいディフェンダーのスタイリングには初め懐疑的だった。でも今回試乗した白のディフェンダー90は、特にカッコいい。手元に余剰な5万1205ポンド(768万円)があるのなら、今すぐ注文に向かいたいと思った。

ランドローバー・ディフェンダー90 D250 SE(英国仕様)のスペック

価格:5万1205ポンド(768万円)
全長:4323mm
全幅:1996mm
全高:1974mm
最高速度:188km/h
0-100km/h加速:8.0秒
燃費:10.8-11.6km/L
CO2排出量:226-244g/km
車両重量:2228kg
パワートレイン:直列6気筒2996ccターボチャージャー
使用燃料:軽油
最高出力:248ps/4000rpm
最大トルク:57.9kg-m/1250-2500rpm
ギアボックス:8速オートマチック

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ランドローバーの人気画像