実際はどれだけ走れる? EV航続距離トップ10 日常的な走行で最長400km強

公開 : 2022.03.26 18:05

メーカーの公称数値ではなく、現実世界でどれくらいの距離を走れるのか。あらゆる市販EVをテストしました。

現実世界で期待できる航続距離

バッテリー技術や充電インフラは日々進歩しており、EVはニッチな存在から内燃機関車の代替となる実用的なクルマへと変化しつつある。しかし、1回の充電でどれだけの距離を走れるかは、依然として重要な問題だ。

メーカーが公表している航続距離の数値はあくまで目安であり、日常の運転状況で必ずしも達成できるものではない。では、現実世界で走れる距離はどれくらいなのだろうか?

燃費と同じように、EV航続距離のメーカー公称数値はあくまで「目安」と捉えるべきである。
燃費と同じように、EV航続距離のメーカー公称数値はあくまで「目安」と捉えるべきである。

AUTOCARは現在、電動化が急速に進む欧州市場において、すべての市販EVで航続距離テストを実施している。その結果をランキング形式で紹介する。

1. ヒョンデ・コナ・エレクトリック – 417km

EV航続距離における現時点でのチャンピオンは、巨大なバッテリーを搭載した大型車でもなく、高価な最上級車でもない。大衆車ブランドであるヒョンデから3万5000ポンド(約560万円)以下で販売されており、EVの普及に貢献していると言えるだろう。

昨年、コナ・エレクトリックを公道でテストしたとき、記者は「EVの中で最も魅力的な使い勝手と手頃な価格の融合」であると述べた。64kWhのバッテリーによる実走行距離は400km以上と、テスラジャガーアウディといった高級車に勝るものである。

1. ヒョンデ・コナ・エレクトリック - 417km
1. ヒョンデ・コナ・エレクトリック – 417km

実際、その価格、性能、人気のクロスオーバースタイルという組み合わせにより、ヒョンデが需要に応えるのに苦労しているほどだ。

2. ジャガーIペイス – 407km

ジャガーは、テスラなどに対抗する高級モデルを発売した最初の欧州メーカーであり、航続距離においてはライバルを打ち負かすと同時に、後続に高いハードルを設定した。Iペイスは電気を動力源とするドライバーズカーであり、印象的な加速性能とジャガーらしいハンドリングを備えている。

90kWhのバッテリーで2基の電気モーターを駆動するIペイスは、実走行距離407kmを達成。これはコナ・エレクトリックに次ぐ僅差の2位だが、より高速のDC急速充電に対応しているため、充電時間の差で追いつけるかもしれない。

2. ジャガーIペイス - 407km
2. ジャガーIペイス – 407km

3. キアeニロ – 407km

Iペイスと表彰台を共有するキアeニロは、比較的小さいバッテリー(64kWh)を搭載しているにもかかわらず、407kmの航続距離を実現している。パワートレインはヒュンダイ・コナ・エレクトリックと共通だが、ボディが大きい分、若干の重量ペナルティがある。

eニロの公道テストでは、航続距離が兄弟車より短いものの、使いやすさ、洗練性、乗り心地で勝ると判断され、高い総合評価を得た。

3. キアeニロ - 407km
3. キアeニロ – 407km

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

EVの人気画像