BMW X5の装甲モデルがモスクワでデビュー

公開 : 2014.08.23 22:30  更新 : 2017.06.01 02:12

BMWは来週行われるモスクワ・モーターショーで、X5の装甲モデルをデビューさせる。

X5セキュリティ・プラスと呼ばれるこのモデルは、カラシニコフAK47自動小銃などからの発砲に耐えうるVR6グレードのプロテクション能力を持つ。当然といえば当然なのだが、その詳細については公表されていない。しかし、セーフティ・ガラスの装備や、接合部などの強化などが行われている。

xDrive 50iがベースで、エンジンは455ps、66.2kg-mの4.4ℓV8ユニットが搭載される。しかし、その重さは標準劇な2250kgよりもかなり重くなっていることは想像に容易だ。したがって、0-100km/hが4.9秒というX5 xDrive 50iの標準的なタイムも伸びることとなるだだろう。但し、その重量増に対してサスペンションはリチューンされている。

セキュリティ・プラスは、メキシコの専用工場で生産される。

ちなみに、今月初め、メルセデスは最高レベルのVR9グレードのプロテクションを備えたSクラスを発表している。

関連ニュース

▶ 海外ニュース / メルセデス・ベンツSクラス装甲車

関連テーマ