プジョー、308/308 SWを11月より発売

2014.09.29

プジョーシトロエン・ジャポンは、プジョー308および308 SWを11月5日より発売する。同車は2014年3月にヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、SWを含め14万台を越える販売台数を記録している。

今回日本へ導入するのは、ハッチバックとSWの2車種。ハッチバックにはエントリーモデルの308プレミアム、アリュール、電動サンシェード付パノラミック・ガラスルーフ装備のシエロを、SWにはプレミアムとシエロという合計5つのモデルが用意される。

特徴は、新開発のプラットフォームによる軽量化とピュアテック・ターボ付きエンジンの採用。PSAグループの次世代モジュラー型プラットフォーム「EMP2」を採用し、現行モデルに比べ全長、全幅、全高をダウンサイジングしたことにより70kgの軽量化を実現したという。また、環境を考慮した新エンジン、ピュアテックにターボを組み合わせ、高圧燃料噴射により直噴化したユニットを搭載。1199ccの排気量から130ps、230Nm(数値は欧州仕様)を発揮するこのエンジンは、高い燃焼効率に加え低速域からの太いトルクを実現した。さらに、ストップ&スタートシステムにより市街地での燃費を向上させている。

インテリアでは、オーディオ、エアコン、オンボードコンピュータなどの動作をスピーディに操作できる操作性に優れたタッチスクリーンを搭載したほか、小径ステアリング、ヘッドアップ・インストルメントパネルを含めたドライバー重視の先進装備「i-Cockpit(アイ・コックピット)」を採用している。

価格は、2,790,000円から3,390,000円。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース
×