メルセデス・ベンツB250

公開 : 2013.03.26 16:38  更新 : 2017.05.13 12:51

昨年春の日本発売以来「販売好調!」が伝えられている新型Bクラス。これまでのB180シリーズに加え、このほどハイパフォーマンスバージョンであるB250が追加設定された。搭載エンジンはターボ付きの2ℓ直噴4気筒ユニット。211psという最高出力は、すでに発売されているB180用の1.6ℓターボユニットと比較すると、一挙に89ps増しという大幅なパワーアップ。わずかに1200rpmから発せられる35.7kgmという最大トルク値も同じく15.3kgmの上乗せと、そのスペックを目にしただけでも、走りのポテンシャルの大幅向上が連想できるものだ。

スポーク部分がブラックアウト化された18インチのAMGマルチスポーク・ホイールの標準採用で、足元がB180シリーズ以上に逞しく見えるB250で早速走り始める。と、スタートをしたまさにその瞬間に、そのスピード性能のほどが「B180とは別ものだ!」と、即座に実感させられることになった。

自然吸気のガソリンエンジンであれば恐らく3.5ℓ級のものに相当すると思える太いトルクが、ごく低い回転数から“湧き上がってくる”ので、日常の街中シーンでもその動きはすこぶる活発。低く、長くとルックス激変! のAクラスに比べれば、こちらBクラスのルックスはミニバン風とも思えるモノスペース・ファルムがひとつの特徴だ。

が、いざ走りはじめればそんなちょっとズングリ系の見た目とは裏腹と思えるほどに、加速は活発そのもの。あくまでファミリーユースがメインであるはずのBクラスが狙うキャラクターからすれば、「特別に速さを求める人以外はB180で十分ではないか!?」と、そうも思えるほどの速さを、このモデルは備えているのである。

それでは、とモノは試しでワインディングロードへと持ち込んでみると、これがまた侮れないほどに高い運動性能の持ち主であることにビックリとさせられた。

関連テーマ

 
最新試乗記