特別企画

2016.12.14

メガーヌ・ルノー・スポール273トロフィー ーー AUTOCAR編集部が選ぶ2016年の50台

これほどまでにわれわれを楽しませてくれたヨーロピアン・ホット・ハッチがあっただろうか。そのメガーヌ・ルノー・スポールも、本国では次世代のメガーヌがリリースされたことから、このスタイリングのメガーヌR.S.を手に入れるには本当に今が最後のチャンスなのだ。もちろん、新しいメガーヌにもR.S.が登場することは容易に想像が付くが、その登場まではまだ時間がかかりそうだ。それと同時に、残念ながら新しいメガーヌは、この現行メガーヌR.S.ほど流麗なボディではない。

ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで2014年6月16日に打ち立てた市販FF最速タイムである7分54秒36というタイムは、暫くの間、書き換えられることはなかった。当時、これよりも速いタイムをノルドシュライフェで叩き出したクルマは、このメガーヌR.S.よりも遥かにパワーがあり、何倍、あるいは何十倍のプライスを付けた錚々たるメンバーだけであった。

その速さを今更語ることはしないが、そのパフォーマンスを生み出すために選び抜かれたパーツ、例えばアクラポヴィッチのエグゾースト・システム、オーリンズの可変ダンパー、ブレンボ製のキャリパーとブレーキ・ディスクといった走りに徹したトリートメントも嬉しい。

現行モデルは、273ps、36.7kg-mを発揮する2.0ℓ16バルブ・ターボが与えられている。250psから始まった第3世代のメガーヌR.S.は、僅かながらフェイスリフトでより力強いパワーを得るに至っている。

AUTOCAR編集部が2016年の50台に選んだワケ

世界的に見ても、一時ほどホット・ハッチの数は少なくなった。しかも、これほどまでに本気のモデルは数えるほどしかない。日本でも、そして世界でも根強いファナティックを持つメガーヌR.S.。その新車のオーナーとなるには最後のチャンスだ。そして、決して後悔をさせることのない1台である。


▶ 海外初試乗 / ルノー・メガーヌRS 275カップ-S

メガーヌ・ルノー・スポール273トロフィー.

●価格:3.990,000円 ●0-100km/h加速:6.0秒 ●ボディ・サイズ:4320×1850×1435mm ●車両重量:1420kg ●エンジン:直列4気筒1998ccターボ・ガソリン ●最高出力:273ps/5500rpm ●最大トルク:36.7kg-m/3000rpm ●ギアボックス:6速マニュアル ●タイヤ:235/35R19

ルノー・ジャポン http://www.renault.jp/car_lineup/megane/renault_sport/grade/index.html