特別企画

2016.12.14

ロータス・エリーゼ20thアニバーサリー・エディション ーー AUTOCAR編集部が選ぶ2016年の50台

ロータス・エリーゼSクラブレーサーをベースに、エリーゼ発売20周年を記念するモデルとして登場したのがエリーゼ20thアニバーサリー・エディションだ。言うまでもなく、エリーゼは1995年のフランクフルト・モーターショーで発表されて以来、兄弟モデルを含めると4万台がプロダクションされたロータスのエポックメイキングなモデルである。

20thアニバーサリー・エディションとして内外装に特別な装備がされているが、やはりエリーゼの魅力はそのパフォーマンスにある。220psにまでチューンナップされたトヨタ・ベースの直列4気筒1.8ℓスーパーチャージャー・ユニットは、950kgという軽量なボディには十分過ぎるもの。最高速度234km/h、そして0-100km/h加速が4.6秒というタイムがそれを裏付ける。また、スーパーチャージャー・ユニットのパワー・デリバリーも中低速域からトルクフルでありながら、高回転まで淀みなく吹け上がる。

ロータス最大の強みはミドシップならではのナチュラルなハンドリングにある。ノーズ・セクションが軽いミドシップ・スポーツ故に、きちんと前輪に荷重を掛けてやる必要があるが、それさえ怠らなければ息を呑むようなコントロール性を味わうことができる。V6ユニットを搭載したエキシージとはまた一味違った、安全な領域で楽しくスポーツ・ドライビングが愉しめるのもエリーゼならではの大きな魅力だ。

エリーゼがリリースされて以来、数多くのライバルが出現しているが、それらライバルがベンチマークするのはエリーゼという存在である。ある一方向に突出したモデルは存在するが、総合的に愉しく安全なミドシップ・スポーツのお手本であり続けているエリーゼ。その進化はまだまだ続く。

AUTOCAR編集部が2016年の50台に選んだワケ

軽量鍛造ブラックアルミホイールに当モデル専用のスペシャルペイントとインテリアなど、20周年モデルに相応しい内容。それでいて、エリーゼ・スポーツ220よりも20万円弱の価格アップは確実にお買い得な1台。貴重なモデルになることは間違いないが、そろそろ日本での在庫も少なくなってきているようだ。


ロータス・エリーゼ20thアニバーサリー・エディション

●価格:7,000,000円 ●最高速度:234km/h ●ボディ・サイズ:3800×1720×1130mm ●車両重量:950kg ●エンジン:直列4気筒1798ccスーパーチャージャー ●最高出力:220ps/6800rpm ●最大トルク:25.4kg-m/4600rpm ●ギアボックス:6速マニュアル ●タイヤ:175/55ZR16 + 225/45ZR17

エルシーアイ http://www.lotus-cars.jp/our-cars/current-range/lotus-elise-20th-anniversary-special-edition.html

 

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧