コラム&エッセイ

2018.04.21

社会人1年目、ポルシェを買う。

編集部より

読者の皆さま、こんばんは。「社会人1年目、ポルシェを買う。」の上野太朗です。笹本編集長と僕は今、鳥取県境港市にいます。ポルシェ356クラブのスズキ会長が、ポルシェ356に乗って、なんと自走でドイツに行かれるので、そのお見送りです。

第61話:スズキ会長とポルシェ356 ドイツ自走の旅、お見送りへ。

356クラブ会長 自走でドイツへ!

今日のこと。
僕と笹本編集長は今、鳥取県境港市にいます。
ポルシェ356クラブのスズキ会長を
お見送りするためです。

スズキ会長は、ご自身の356に乗って
なんと自走でドイツへ行かれます。
韓国からロシア、
そのままユーラシア大陸を通って。

「ずっと前から考えていて
 やっぱり今しかないと思った」のだそうです。

韓国までの船がでるのがここ境港市ということで
ポルシェジャパンの七五三木社長をはじめ、
356クラブのメンバーが大勢あつまりました。

最初はあくまでプライベートの旅でしたが
やはり周りは放っておくわけにはいきません。
困難な旅になるかもしれませんが
ドイツ(シュトゥットガルト)に無事つけば
ポルシェが公式に歓迎し、
クルマはそのまま2018年いっぱい
ミュージアムに展示されるとのことです。

ポルシェファンとしても、
いち日本人としても誇らしいことですね。

このためにスズキ会長の356は
(もともとたいへんきれいだったのに)
一度ばらばらにして、
1万4000kmの距離を
1日500kmくらいで駆け抜けられるように
組み上げられたのだといいます。

みんなのアツい声援に
「うまくいくといいんだけど……」と
スズキさんはちょっと恐縮ぎみだけど
どんな結果でもすばらしい挑戦だと
みんなは口々に言っているところです。

あのポルシェミュージアムの
公式フェイスブックでも紹介されています。

スズキ会長! がんばってください〜!

会長のクルマのようすなどは、
「すべての画像をみる」を
クリックしてみてくださいね。

※今回も最後までご覧になってくださり、
 ありがとうございます。

 お昼は「水木しげる記念」にも行きました。
 とてもおもしろかったので、おすすめです。

 356クラブの大先輩方からは
 「はやく空冷の世界に来なよ〜」とのお声も。
 ううむ。

 あすは岡山国際サーキットにいます。

 今後とも、inquiry@autocar-japan.com まで、
 皆さまの声をお聞かせください。
 もちろん、なんでもないメールだって
 お待ちしております。

すべての画像をみる

AUTOCAR JAPAN 編集部 上野太朗

1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測という、いわばエリート・コース(?)を歩む。学生時代はフィアット・バルケッタ→ボルボ940エステート→アルファ・ロメオ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ・ロメオ156(V6)→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かした。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。
 
 
 

人気コンテンツ