社会人1年目、ポルシェを買う。

2019.05.01

第93話:エンジンの次はボディをきれいにしたい。

シャカヨンゴウ、できあがる

まずはじめに感じるのは、
乱反射しないボディの光り方。
全体としてヌメッとしている。

ファクトリー内の電灯が反射する部分は、
そこを中心に◯を重ねたような
キズが幾重にも見えたのに
ボディはそのまま電灯を映している。
反射しているのではなく、映している。

ややクリーミーな白だったのが、
うすい青が混ざったような白にも感じる。
明らかに全体がパリッとしている。

そして水をかける。
サーーーーーーー。
一瞬にして水が消えた。
あまりにも早く水が消えるものだから、
同行した神村フォトグラファーは
そのようすを写真に収めるのに
ずいぶん苦労していた。(連写していた。)

ひとことで言って、仕上がりは最高だった。
これがWダイヤモンドキーパーの第一印象。

コーティング後は、
水洗い/シャンプー洗車で十分だという。
(僕はしないけれど)洗車機もOK。
KeePer LABOの純粋手洗い洗車も対応。
また、青空駐車、屋根付き駐車場、
長距離走行でも効くのだそうだ。

見ものなのは
高密度ガラス被膜が2倍ある点について。
暑さゆえ、ツヤや汚れを防ぐ能力も強化。

ただこれは現時点ではわからない。
今後じっくりと時間をかけて
観察していくことにしよう。

※今回も最後までご覧になってくださり、
 ありがとうございます。
 
 本文下の「すべての画像をみる」から
 作業の模様をたっぷりご覧いただけます。

AUTOCAR JAPAN 編集部 上野太朗

1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測という、いわばエリート・コース(?)を歩む。学生時代はフィアット・バルケッタ→ボルボ940エステート→アルファ・ロメオ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ・ロメオ156(V6)→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かした。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。
 
 
 

人気記事