[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

試乗 ボルボXC40 T4 AWD 「買い」はモメンタムか、インスクリプションか

2018.10.14

100字サマリー

ボルボXC40 T4 AWDの試乗記です。実は、XC40の日本仕様は、8車種も展開されています。今回は、T5系より約50万円安の「XC40 T4」から、2グレードを乗り比べましょう。写真26枚!

もくじ

どんなクルマ?
XC90/60系とは異なる価値観

どんな感じ?
T4/T5 同じ所、違う所
脚、ハンドリングは?

「買い」か?
際立つ「買い得感」

スペック
ボルボXC40 T4 AWDのスペック

どんなクルマ?

XC90/60系とは異なる価値観

先に登場したXC90/60と並べればボルボ・クロスオーバーSUVの末弟という位置付けだが、そういった評価ではXC40の立ち位置あるいは魅力を正しく理解することはできないだろう。それはXC90/60系のSPAプラットフォームに対してXC40が一回りコンパクトでリアサスにマルチリンクを配したCMAプラットフォームを用いるといったハードウェアの違いではない。

初めて目にした時のXC40の外観の印象は、些かオタッキーな喩えで恐縮だが、ガンダムに登場する「アッガイ」や「ズゴック」だった。

曰く「ロボティック」なデザインとのことで妙に納得したのだが、伝統的(古典的)な「カッコイイ」とは趣を違えたいという意図がひしひしと伝わってくるスタイルである。XC90/60とは世代間相違にも似た価値感の差を感じられた。

そんなXC40の主力となるのが、ここで試乗したT4系である。

日本市場の皮切りとなったファーストエディションはT5 AWD Rデザインをベースとしたモデルであり、既存ラインナップの最高価格車を10万円上回っている。一方、T4はFFのベーシックグレードでは389万円、最高価格車のAWDインスクリプションで499万円。T5系の同グレード対比では50万円ほど安価だ。

もちろん、XC40の魅力に対する費用対効果次第であり、T4系が基準仕様か普及仕様かがこの試乗の要点のひとつでもある。
 

 
最新試乗記