[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

新型BMW 3シリーズ M340i xドライブ プロトタイプをサーキット初試乗  本物のドライバーズカー

2018.12.19

100字サマリー

G20型となる新3シリーズのトップレンジを担うM340i xドライブのプロトタイプにポルトガルのサーキットで試乗しました。リアだけでなく四輪すべてを駆動するモデルですが、パワフルでスムーズなエンジンと優れたボディバランスを持つドライバーズカーに仕上がっているようです。

もくじ

どんなクルマ?
3シリーズ初のMパフォーマンスモデル
どんな感じ?
四輪駆動ながら運転が楽しい
「買い」か?
本物のドライバーズカー
スペック
BMW M340i xドライブ プロトタイプのスペック

どんなクルマ?

3シリーズ初のMパフォーマンスモデル

BMW 3シリーズの歴史に関して一家言を持つような人物であれば、このクルマの真の姿が見えているのかも知れず、わたしなどの出る幕ではないだろう。

しかし、このクルマは、これまでクルマ好きを自認するひとびとを惹きつけ、カンパニーカーを与えられるような企業の重役連中を虜にしてきた3シリーズとは異なり、1977年以来初めて直列6気筒エンジンを積んでリアを駆動するモデルではない。

これはおかしな状況だろうか? そして、このクルマは運転好きを3シリーズのトップモデルから遠ざけてしまうことになるのだろうか?

これまでのテストで、330iが積む259psを発揮する4気筒ターボは決して2流のエンジンなどでないことが分かっており、330dに搭載される6気筒ディーゼルも同じことが言えるだろう。


それでも、これまで3シリーズの魅力となってきたのは、数を減らしつつも、いまも存在するリア駆動とパワフルでスムーズな直列6気筒エンジンのコンビネーションにあったことは間違いない。

だが、そうした魅力をさらに増したのがこのM340iであり、少なくとも数年はかかるだろうが、3シリーズに君臨するMパフォーマンスモデルとして、本物のドライバーズカーとして認められることになるだろう。

少なくとも来年半ばまでM340i xドライブが販売されることはないが、BMWは最近行われた国際発表会で、ほぼ量産モデルに近いプロトタイプの試乗機会を与えてくれた。そして、その結果は十分安心できるものだった。この四輪駆動の3シリーズでも、リア駆動モデル同様のバランスと落ち着き、そしてアクセルを使ったコントロール性が狙い通りに実現されていた。

すでにBMWではそのMモデルによって、四輪駆動が鮮烈なドライビングフィールを阻害するものではないことを証明しており、いまやその手法をMパフォーマンスモデルにも展開しようとしている。Mパフォーマンスモデルでは、現行M5のように完全リア駆動となるモードは設定されないかも知れないが、M340iを見る限り、その必要はなさそうだ。

 
最新試乗記