公道はおまけ? サーキットマシン対決 M3 GTS対911 GT3 RS 回顧録

2019.01.03

フィーリングでGT3 RSの勝利

もっとも、これがごく単純かつ科学的な比較論であればそのとおりの結論、つまりより速くてグリップに優れ、しかも購入コストが大幅に安いのはGT3 RSだという結論に落ち着いてしまうところだが、しかし今回のような比較対決では単純に数字を比べて計算するだけで勝負をつけられるものではないし、今後同様のテストを行ってもそうなることはないだろう。

この2台のようにドライバー指向が徹底しているクルマ同士の場合には、主観的な判断のほうが客観的な調査結果よりもはるかに優先されるのが常である。増して今回はどちらもいかなる基準に照らし合わせても並外れて速いクルマなのだから、なおのことそうならざるを得ない。

誤解のないように述べておくが、いかなる速度域でいかなるギアを選択していようとも、GTSが発生できる以上の動力性能が必要とされる状況など、公道上では絶対にあり得ない。つまり、どこであってもそれがストレートならM3を抜き去るだけの実力がGT3 RSにあるのは事実だが、それが結論を確定する決定的要素には決してなり得ないのもまた事実なのだ。

では、雌雄を決した最大の要因はなんなのか? それは、よりフィール面で豊かであり、より大きなスリルが味わえて、よりサウンドも官能的で、さらに運転する行為そのものにより集中できるのはGT3 RSのほうだという主観的評価である。簡単にいうなら、GT3 RSのほうが純粋さとシンプルさで優れているのだ。価格の大幅な安さは、文字どおり単なる「ボーナス」に過ぎないのである。

 
最新試乗記

人気記事