海外ニュース

2018.10.12

新型ポルシェ911GT3(992型) ターボ化? 公道テストを目撃 偽装軽く

編集部より

ポルシェの次期型911GT3の公道テストが再び目撃されました。前回確認された個体よりも偽装が軽くなり、そのフロント部分のほとんどが確認できました。大型のリアウイングやフロントのライトの間に追加されたエアインテークが特徴です。

もくじ

フロント部分があらわに
ターボ化でトルク増強

フロント部分があらわに

2020年に登場予定の時期型ポルシェ911 GT3の市販状態に近いテストカーが公道で目撃された。

以前のテストカーはより厳重なカモフラージュが施されていたが、今回そのフロント部分がほぼ完全に確認できた。ヘッドライトの間にはエアインテークが追加されているようだ。この最新プロトタイプは大型のリアウイングや、992型の特徴的なLEDテールライトが装着されていた。

次期型GT3では、今まで使われてきたレース由来の自然吸気エンジンの使用をやめると予想されている。ポルシェに近い筋の情報によれば、ツインターボが搭載される見込みだ。

ポルシェによって確認された情報ではないが、今回のGT3や上位版のGT3 RSは他の992型911に搭載される3.0ℓまたは3.8ℓのユニットを改良したものになるだろう。

来年後半の発表が予想される新型911ターボに搭載されるエンジンは580ps程度になり、現行911ターボSと同等になるだろう。しかし、新型GT3の最高出力は520ps程度にとどまると見られている。

next pageターボ化でトルク増強

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ