BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

国内試乗

2019.04.10

試乗 トヨタRAV4新型(日本仕様) ガソリン/ハイブリッドを公道・ラフロードで評価

トヨタRAV4アドベンチャー/ハイブリッドG

テスト日 : 2019年4月2日

価格 : 313万7400円/381万7800円

文・佐野弘宗 撮影・前田惠介 

どんな感じ?

内装 車内空間は?

新型RAV4は各部の質感やボディサイズこそCセグメントの平均値にピタリと合わせてあるが、後席はもちろん、前席まわりの空間も想像以上にゆったりしている。それに、2.0ℓはもちろん2.5ℓハイブリッドでも完全なシャシーファスターの感が強い。つまり、骨格設計に余裕があるのが新型RAV4の美点のひとつだ。

それは新型RAV4の骨格設計がカムリやレクサスESと共通の “GA-K” プラットフォームであることも無関係ではないだろう。RAV4の車格であればプラットフォームはプリウスやC-HRと共通の “GA-C” でも不思議ではない。また、今回の2.0ℓエンジンが無理なくレギュラー化できたのも、GA-Kならではの余裕のあるエンジンルームのおかげもあるという。

その2.0ℓはRAV4にとって素直にパワフルとまではいえないが、さすが超高効率な新世代ユニットだけに2.0ℓ自然吸気としてはかなりパンチのあるエンジンではある。

 
最新初試乗

人気コンテンツ