BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外初試乗

2019.04.14

スーパーGT対決 ポルシェ・パナメーラ vs メルセデス-AMG GT 真のオールラウンダーは

ポルシェ・パナメーラ/メルセデス-AMG GT

文・アンドリュー・フランケル 

つねに重量を意識

ワインディングへと続く道での、パナメーラは豊かなフィールを感じさせる。見事な乗り心地で、引き締まってはいるものの、決して硬すぎることのないこのクルマは、何よりも、間違いなくポルシェのモデルだと感じさせてくれる。

ここに来るまでに、市街地を除くあらゆるタイプの道路を交通の流れに沿って走行してきたが、ハイブリッドが燃費に貢献しているとは思えなかった。確かに、慎重に運転すれば8.9km/ℓという数値も達成可能かも知れないが、より軽量でパワーの少ないメルセデスであれは、その差は大きくはないものの、さらに優れた燃費性能を発揮するだろう。

ワインディングでは、スポーツプラスモードに切り替えてみた。自動車世界では、重量増が敵と言うのは常識だが、それでも、このクルマのハイブリッドシステムが、2.5tにも達するパナメーラとテスターを乗せて、凄まじいスピードで進んでいく様子には、ある種の良識と絶対的な威厳が感じられた。こんなことは初めての経験であり、どうか笑わないで頂きたい。さらに、どの回転数からでも発揮される強大なトルクは、8速デュアルクラッチオートマティックがほとんど不要に思えたほどだ。


だが、どんな時もやはりその重量を意識しないわけにはいかず、コーナーでのステアリングフィールは曖昧で、上り坂の頂点を越えたときには、サスペンションに大きな負荷を掛けることになる。4本の極端に幅の広いタイヤがグリップを発揮するが、パナメーラはコーナーへと猛然と突っ込んでいく様なクルマではない。

スローイン・ファーストアウトが鉄則であり、そうすれば、まるで911のように感じられるが、それでも、やはりこのクルマはパナメーラなのだ。ワインディングでは、時に扱い辛さを感じさせ、乏しいペダルフィールには不釣り合いなほどの強力なストッピングパワーを誇る、大径ディスクブレーキが大きな頼りとなる。

 
最新初試乗

人気コンテンツ