海外試乗

2019.04.10

試乗 メルセデス-AMG GT Rプロ ニュルのタイム7秒カット 限定750台

メルセデス-AMG GT Rプロ

テスト日 : 2019年4月7日

価格 : 18万8345ポンド(2731万円)

文・ダン・プロッサー 

編集部より

モータースポーツで鍛えられたサスペンションとボディキットにより、一層シャープに、ドライビングの楽しさを高めたAMG GT Rプロ。サーキットでも余裕の走りを披露する許容量の深さを持つものの、そのぶん価格も大分釣り上がってしまいました。

もくじ

どんなクルマ?
出力向上せずにニュルのタイムを7秒カット
モータースポーツで培った技術を集結
どんな感じ?
ひたすら正確に瞬時に反応する
疑う余地なくサーキットに最適化
「買い」か?
価格無視でGT R以上のクルマを欲するなら
スペック
メルセデス-AMG GT Rプロのスペック

どんなクルマ?

出力向上せずにニュルのタイムを7秒カット

元になったメルセデス-AMG GT Rからパワーアップせずに、同じミシュラン・パイロットスポーツ・カップ2タイヤを履いていながら、 GT Rプロはニュルブルクリンク・ノルドシュライフェを7秒も早く周回することができる。およそ21kmの複雑なカーブを描くサーキットでのラップタイムは7分4.6秒で、フロントエンジンのロードカーとして最速の1台として、記録を残している。

それを実現した方法は、空力を見直したボディにサスペンションのセットアップの改善と、さほど大きくはないダイエットによる。メルセデス-AMGはダウンフォースの数値を発表はしていない。しかし、大きく張り出したフロントスプリッターにフロントタイヤの前に取り付けられたカナード、ポルシェ911 GT3 RSのようなホイールアーチ内に切られたエアベント、大きなリアウイングには調整式のガーニーフラップなどが後付され、高速走行時の揚力を抑えることで、1575kgのクルマをサーキットの路面へと貼り付ける役割を果たす。

サスペンションも完全に刷新された。コイルオーバー式リアショックアブソーバーは、手動で調整が可能。高速域と低速域でのスプリングのプリロードを変えられるうえに、ダンパーはフロントで収縮時と伸長時の減衰力を、リアは伸長時の調整が可能となっている。もちろん車高自体の調整もできる。

アンチロールバーも調整式で、フロントはカーボンファイバー製となり、3.3kgの軽量化につなげている。リアのサスペンションアームは、ロワーだけでなくアッパーアームもユニボールベアリングで固定され、遊びのない正確な動きを実現している。ちなみに標準のGT Rは、ロワーアームのみがユニボール式となる。

 
最新試乗記

人気コンテンツ