1000psの未来 メルセデスAMG専用EVモデル、2025年導入か 軽量小型モーター搭載

公開 : 2023.11.02 06:05

・AMG GT 63 4ドアクーペの後継となる高性能EVが登場、2025年見込み。
・英国企業ヤサ(Yasa)の高度な電気モーター技術を導入予定。
・ツインモーターで1000psも? 四輪駆動とは限らない。

AMG専用の4ドアEV 開発中

ドイツの自動車メーカーであるメルセデス・ベンツは、2025年に高性能車ブランドのAMG専用EVモデルを投入する構えだ。AMG史上最強の市販車となる可能性が高い。

この新型EVは現行のGT 63 4ドア・クーペに相当するスポーツセダンで、ポルシェタイカンアウディeトロンGT、ルーシッド・エアなどと競合することになるだろう。

ポルシェ・タイカンやルーシッド・エアの対抗馬となるスポーツセダンが登場(編集部作成予想CGイメージ)
ポルシェ・タイカンやルーシッド・エアの対抗馬となるスポーツセダンが登場(編集部作成予想CGイメージ)    AUTOCAR

AMGはすでに、メルセデス・ベンツのEQシリーズをベースとするEQE 53とEQS 53を手がけているが、新型車はブランド専用の高性能EVとして一から設計される予定だ。そのため、加速性能だけでなくダイナミクスやドライバーとのエンゲージメントを重視するものと予想される。

プラットフォームには「AMG.EA」と呼ばれる高性能EV専用アーキテクチャーを初めて採用する。ここに、2021年にメルセデス・ベンツが買収した英国企業ヤサ(Yasa)の高度な電気モーター技術を組み合わせる。

ヤサの円盤型軸流モーターは、従来のラジアルフラックスモーターよりもはるかに高い出力とトルク密度を誇る。その結果、軽量化と小型化につながり、効率的な駆動を実現する。ヤサのティム・ウールマーCEOが取材で語ったところによると、市販車に搭載されるモーターは、重量がわずか24kgでありながら、480psの出力と81.5kg-mのトルクを発生するという。

仮にこのモーターを2基積んだ場合、1000ps近い出力を発生する可能性がある。

2基のモーターで後輪を駆動?

参考までに、AMGのライバルであるBMW Mとアウディは、次世代スポーツEV用に1300ps以上のパワーを扱えるEVプラットフォームを開発しているが、市販車に関する詳細についてはいずれも明らかにしていない。

メルセデス・ベンツが今年6月に発表したコンセプトカー「ビジョン・ワンイレブン」では、2基の電気モーターをリアアクスルに搭載し、それぞれ左右の後輪を駆動する。つまり、AMGの次世代スポーツEVは必ずしも四輪駆動が前提というわけではない。

メルセデスAMGは英国ヤサ社の軽量・小型の電気モーター技術を採用する(編集部作成予想CGイメージ)
メルセデスAMGは英国ヤサ社の軽量・小型の電気モーター技術を採用する(編集部作成予想CGイメージ)    AUTOCAR

ビジョン・ワンイレブンの発表会では、リアのモーター配置によるメリットが強調された。フロントエンドを低く抑えて空力性能を最適化できるほか、モーターがコンパクトなため大きなラゲッジスペースを確保できるという。

このような配置を市販車に採用すれば、理論的には「グランドツアラー(GT)」と呼ぶにふさわしい実用性をアピールできるようになるだろう。新型EVは2025年の市場投入に向けて準備を進めており、プロトタイプが数か月以内に公道を走り始めると予想されている。

今のところ、AMGが昨年公開したコンセプトカー「ビジョンAMG」が最も新型車に近いかもしれない。ビジョンAMGはAMG.EAプラットフォームをベースとする、全長5100mm、ホイールベース3000mmの4ドア車である。

ビジョンAMGの発表当時、メルセデス・ベンツのエクステリアデザイン責任者であるロバート・レシュニック氏は取材に対し、「AMG.EAプラットフォームは、デザイン面で大きな幅を与えてくれます。(既存の)EVAプラットフォームよりもはるかに低くすることができるのです」と語っている。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    平成4年生まれ。テレビゲームで自動車の運転を覚えた名古屋人。ひょんなことから脱サラし、自動車メディアで翻訳記事を書くことに。無鉄砲にも令和5年から【自動車ライター】を名乗る。「誰も傷つけない」「同年代のクルマ好きを増やす」をモットーにしている。イチゴとトマトとイクラが大好物。

関連テーマ

おすすめ記事