初試乗 メルセデス・ベンツCLA220 新型を評価 ハッチバックとは一線を画す

2019.04.19

パワートレインをしっかり支えるシャシー

自律運転の入り口でもある車線逸脱警告機能と衝突被害軽減システムに関しては、装備されている事自体は良いのだが、わたしの印象では運転の邪魔に感じる場面が少なくなかった。道路の隅の方から発進しようとする際でも、不要なブレーキが掛かったり、ステアリングホイールへ警告の振動が伝わってくる。コーナーでも最も効率的に曲がれるように内側のライン取りをしても、同様に動作してしまう。


もちろん機能自体をオフにすることもできるが、給油などで一度エンジンを切ると、必ずオンの状態でスタートすることになる。主任技術者のヘイクスも、システムの動作には納得していないようだが、NCAPの成績を少しでも良くするためにも、やむを得ないようだ。

2.0ℓガソリンエンジンの印象は良い。BMWのユニットほどスムーズではないし、フォルクスワーゲンのもののように個性が感じられるわけでもないが、全回転域に渡って充分なパワーが得られる。組み合わされるトランスミッションは、ゲトラグ社製の7速デュアルクラッチATで、特に動作に不満はなかった。スポーツモードを選択すると、高回転域まで引っ張るようになり、エンジンノイズのボリュームも大きくなる。ヘイクスによれば、英国では5月に登場するディーゼルモデルには、メルセデス製のトランスミッションが搭載されるという。


だが今回の注目点はパワートレインではなく、それをしっかり支えるシャシーにある。先代よりも設定は硬くなっているようだが、気になる細かな振動、ハーシュネスは感取されない程度。今回はアダプティブダンパーが付いていれば、という条件だが、前輪駆動か4輪駆動かは問わず乗り心地は素晴らしいものだった。

 
最新試乗記

人気記事