長期テスト メルセデス・ベンツAクラス(1) 使いやすい装備と驚きの低燃費に期待大

2019.04.29

サマリー

英国ではルノーよりも販売台数の多いメルセデス。Aクラスの貢献は言うまでもありません。ディーゼルモデルを選択し、燃費のよさに驚いています。注目のMBUXの使い勝手もなかなかのようです。年内には他のグレートと入れ替え、ベストなモデルを探ります。

もくじ

メルセデス躍進の原動力 Cセグで大きな存在感
3種類のエンジン A180d スポーツをチョイス
116ps、26.5kg-mのディーゼルエンジン
グレード間でリアサスに違い 使いやすいインフォシステム
ディーゼルらしく低燃費 注目に値するか期待
テスト車について
テストの記録

メルセデス躍進の原動力 Cセグで大きな存在感

メルセデス・ベンツがAクラスで英国に与えたインパクトは明らかだ。4代目は今年の新モデルの中でも最も待望されているもののひとつだろう。

4代目とはいうものの先代でAクラスは大きく方針変更を果たしたため、新型を2代目と呼んでも差し支えないだろう。未来的でスペースが大きく、時代の先端を走るMPV要素を備えたクルマから、空間の使い方が巧みで、ファミリーハッチバックにふさわしい素質を備えるクルマへと生まれ変わり、ヨーロッパのファミリーハッチ市場の心を掴んだ。

最新のAクラスは毎月英国のベストセラーカートップ10にランクインしている。これはリース契約なら月199ポンド(2万9000円)からという魅力的な額でメルセデスを所有できるプランに、消費者の多くが惹かれているからだ。Aクラスはメルセデスがプレミアムブランドで販売台数1位、全体でも4位につけている原動力となっている。

これは驚くべき調査結果だ。昨年英国ではルノーやプジョー、トヨタよりもメルセデスの方が売れているのだ。そしてAクラスは、かつてメガーヌや308、カローラが主役だったファミリー向けのセグメントの中でも大きな存在となっている。プレミアムは新しく主流になりつつあるのだ。

 
最新試乗記

人気記事