長期テスト BMW M135i(3) LSD装着で走りに磨き

2019.05.06

積算53841km 足回りの仕上がりに満足 LSDも導入

M135iはここ2カ月ほど、ビルシュタイン製のダンパーを履いており、 標準サスペンションについても適切に判断できるようになったと良いだろう。思うに、乗り心地は良くなり、ボディコントロールも改善されている。

不整面だらけのB級路でも素早く抜けられることは、いかに固められたスピリングやダンパーが優れているかを物語っている。このBMWは荒れた道でも簡単に走り抜けることに関しては、これまで乗った中で、すべてと言わないまでもほとんどのクルマよりも高みにあるのではないかと考えてしまう。

シャシーも手が加えられ、次変更すべきはトランスミッションだろうか。LSDが装着されるまではエンジンに手を加えずにいようと思っている。

多くのメーカーがLSDを装着したがらないのは興味深い事実だ。アンダーステアの傾向が強まるというのが彼らの主張だが、本当の理由はコスト面だろう。M13iシリーズには、これまでLSDのファクトリーオプションは用意されてこなかった(ディーラーオプションなら存在していたが)。このクルマのパワーやドライビングマシンとしての素養を考えれば奇妙な話だ。

 
最新試乗記

人気記事