新型 メルセデス・ベンツE300de 環境性能とパフォーマンスのバランス

2019.05.15

広い荷室が希望なら、エステートという選択も

車重は乗り心地にも影響を及ぼしている。依然として非常に快適な部類で、長距離もまったくいとわないものの、標準のEクラスが備えている心地良いしなやかさは失われている。車重の増加に耐えうる様に、サスペンションがやや硬めに設定し直されているためだろう。

快適性ではコイルスプリングに勝るエアサスペンションが今回の試乗車には装備されていたが、基本的な乗り心地の課題解決にはつながっていないようだ。アダプティブ・ダンパーの設定はない。また回生ブレーキ機能を備えるクルマでは一般的だが、ブレーキペダルに伝わる感覚がほとんどなく、微妙な調整が難しく感じられた。

身近になりつつあるPHEVだが、実用性の面でも多少の犠牲はある。ラゲッジスペースは、通常のエンジンモデルの場合は400ℓのところ、E300deの場合は140ℓ少ない260ℓに減少している。トランクリッドを開けると、フロアが不自然に切り上がっているのがわかる。

なお、ガソリンエンジンを搭載するE300eとは異なり、ディーゼルエンジン版のE300deにはエステートも登場予定。ラゲッジスペースに余裕が欲しい向きは、こちらも検討されたし。

 
最新試乗記