最新992型 ポルシェ911カレラ4Sカブリオレ 試乗 シリアス過ぎる高性能

2019.08.24

驚異的な走行パフォーマンス

最高速度もわずかに低くなり、クーペの305km/hに対してカブリオレは302km/h。ソフトトップを開けていてもこの最高速度に到達できるということだから、キャビンを包む激しい気流の中でのドライブは、かなりのスリルに違いない。

ルーフの開閉に要する時間は15秒。スイッチはセンターコンソールに配され、48km/hまでなら移動中でも開閉できる。キャビン後部のディフレクターを上げれば、車内は気圧や気流に伴うバッファー音もほとんど生じなくなり、高速道路を走っていても声を張らずに会話を楽しめる。これまでの911コンバーチブル・ユーザーからすると、羨ましい機能だといえる。

ポルシェ911カレラ4Sカブリオレ
ポルシェ911カレラ4Sカブリオレ

リアエンジン・レイアウトだけあって、ルーフを下げてもラゲッジスペースが侵食されることはない。だがもともと911のラゲッジスペース容量はフェラーリ・ポルトフィーノやアストン マーティン・バンテージよりも小さい。それでもリアシートの空間があり、アルミニウム製ボンネットを開ければ、深い空間は用意されているから、週末旅行程度の荷物なら難なく積めるだろう。

走行パフォーマンスは驚異的なレベル。ほとんどクーペボディの911と遜色のないレベルだといって良い。重量増に伴い、静止状態から100km/hに達する時間は0.2秒増えている。しかし、ワイドボディ化され低い重心を持つシャシーのコーナリングスピードは、クーペとほぼ同値。ハイスピードで細かなうねりや凹凸のある路面を越えた時の、スカットルシェイクといった言葉は、もはや出番もなくなった。

1982年に登場した初期の911カブリオレに乗ったことがある人なら、最新のカブリオレが備える、クーペとの同等性に驚くはず。カレラ4Sカブリオレでのコーナリング時のグリップ力やトラクションは望外に高く、ステアリングレスポンスや正確な質感は、クーペのものをそのまま体現している。

 
最新試乗記

人気記事