ポルシェ・カイエン・ターボS Eハイブリッド/クーペ 680psのプラグインハイブリッド

2019.08.13

100字サマリー

カイエン・シリーズに、「ターボS Eハイブリッド」「ターボS Eハイブリッド・クーペ」が追加。680psのPHEVモデルで、EV航続可能距離は40kmに達します。

もくじ

電気駆動で、最高速度135km/h
電気機械式ロール抑制、セラミックブレーキ

電気駆動で、最高速度135km/h

ポルシェは、新型カイエン・シリーズのトップ・モデルとして、プラグイン・ハイブリッドを採用する「ターボS Eハイブリッド」「ターボS Eハイブリッド・クーペ」を追加した。

システム最高出力は680ps。4L V8エンジン(550ps)と電気モーター(136ps)の相互作用によって発生するパワーは、8速ティプトロニックSトランスミッションを介して路面に届けられる。

「カイエン・ターボS Eハイブリッド(右)と、同クーペ(左)」
「カイエン・ターボS Eハイブリッド(右)と、同クーペ(左)」

最大システムトルクは、アイドル回転数をわずかに超えた回転域から91.8kg-mを発揮。どちらのモデルも、0-100km/h加速は3.8秒で走り切り、最高速度は295km/hに達する。

EV航続可能距離はともに最長40km。平均消費量(NEDC)は、3.9-3.7L/100km(燃料)、および19.6-18.7kWh/100km(電力)と発表されている。

カイエン・ターボS Eハイブリッドは、V8エンジンとトランスミッションの間に電気モーターが配置されており、2つのモーターがエレクトリック・クラッチ・アクチュエーター(ECA)と呼ばれるハイブリッドモジュール内の分離クラッチを介して相互接続される。Eパワードライビングモードにすると、電気モーターのみで最高速度135km/hを実現。他のモードでパワーブーストを追加することも可能となっている。

標準装備のスポーツクロノパッケージを介して各モード(ハイブリッドオート、スポーツ、スポーツプラス)を選択することもできる。ブーストストラテジーは、918スパイダーから採用されたものだ。

ラゲッジフロアに設置された容量14.1kWhのリチウムイオン・バッテリーは、ポルシェ・コミュニケーション・マネジメント(PCM)、またはポルシェ・コネクト・アプリ(スマートフォンおよびアップル・ウォッチ用)を介して充電を計画することもできる。

 
最新海外ニュース