ベストバランス8シリーズ 新型 BMW 840iグランクーペ sドライブへ試乗

2019.10.02

100字サマリー

BMWから6シリーズ・グランクーペに代わる、新しい4ドアクーペのグランドツアラーが8シリーズに登場しました。2ドアクーペよりも優れた実用性とバランスの良さが自慢です。ポルトガルで評価しました。

もくじ

3番目のボディバリエーション
BMWらしいダイナミクス性能
8シリーズの中でのベストバランス
BMW 8シリーズ・グランクーペ840i sドライブのスペック

3番目のボディバリエーション

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

先代の6シリーズ・グランクーペと置き換わるかたちで、8シリーズ・グランクーペがBMWから登場する。アウディA7やメルセデス・ベンツCLS、ポルシェ・パナメーラなどが熱戦を繰り広げる、ラグジュアリー・グランドツアラーへのBMWによる最新の回答だ。

新しい8シリーズとしてはクーペとカブリオレに続く3番目のバリエーションで、8シリーズのランナップが出揃った。今回試乗したのは後輪駆動モデルだったが、4輪駆動の840d xドライブと、M850i xドライブも用意される。大ヒットの予感もあるM8グランクーペも近日中に登場予定となっている。

BMW 8シリーズ・グランクーペ840i sドライブ
BMW 8シリーズ・グランクーペ840i sドライブ

エクステリアデザインは、2ドアクーペと共通する雰囲気だが、ホイールベースは201mmも延長。A7やパナメーラとは異なり、CLSのように独立したラゲッジルームが備わる。ボディ後半の剛性確保の面でも有利だ。

ダッシュボードはクーペやカブリオレと共通。運転席の着座位置は低くめられ、高いルーフラインと相まってヘッドルームには余裕がある。リアシートへは、大きなリアタイヤのホイールアーチがあり、少し乗り降りにしくい。

座ってしまえばそれぞれのシートには十分な空間が確保され、ヘッドルームも広い。大人も座れるちゃんとした4シーターだ。ラゲッジスペースは440Lの大きさがあるが、5シリーズのサルーンより90Lも小さい。

 
最新試乗記