911の姿をしたモンスター ルーフSCRとCTR アナログ・スーパーカーの挑戦 前編

2019.11.30

3.6LターボのCTRと、4.0L自然吸気のSCR

80周年を迎えるルーフは、この地にいながら新境地を目指そうとしている。「ルーフが本当はどんなことをしているのか、知らない人が多いのです」 サスペンションとタイヤの専門家である、リースミュラーが話す。彼は自動車雑誌のロードテスター以上の頭脳を持っている。

「クルマに興味を持っている人でさえ、われわれの工学的知見の深さを理解していません」 550のような狂ったおもちゃから、まったく新しい、シリアスな性能を持つSCRとCTRまで、ルーフの展開は幅広い。

ルーフ社のワークショップの様子
ルーフ社のワークショップの様子

読者の中には、ルーフのクルマをいくつか知っている人もいるだろう。1970年代のポルシェ911のルックスに、最新技術を投入した独創的なモデルが登場したのだ。1台はルーフCTRで、3.6Lエンジンにはターボが搭載されているが、もう1台のSCRは4.0Lの自然吸気となっている。

964型911のイメージそのままに、直立したヘッドライトと幅の狭いボディ、なだらかに垂れ下がったテールを持っている。だが実態は、ルーフ自らがゼロから設計し、製造する初めてのクルマとなる。

964世代の大人の心を刺激し、SNSを通じて、かつてのスーパーカーの魅力を改めて強く拡散させる2台。極めて現代的な性能を備えているから、価格は安くない。ずばり、約70万ユーロ(8400万円)となっている。実際に設計や組み立てを行っているワークショップに来るまでは、とんでもない金額に思えるだろう。

 
最新試乗記