【欧州でも通用するEV】ニオES6プレミア・エディション 中国の新ブランド

2020.01.20

一部の性能はトップ水準に届いている

ES6には、ニオ製の非常に知的な音声認識システムも搭載する。英語の勉強はこれからのようだが、前席だけでなく後席から中国語で話しかけても、充分理解できていた。

ダッシュボードの上部には、人の顔を模したグラフィックが表示される専用の円形モニターをオプションで追加できる。音声認識時に会話している人の方を向く、かわいい絵文字のような表情が表示され、子供は気にいるだろう。

ニオES6プレミア・エディション
ニオES6プレミア・エディション

ES6には、運転支援システムも搭載する。2020年に向けて、部分的な自律運転システムにアップデートされる予定だという。テスラと同様に、クルマに搭載されているOSをワイヤレスでアップデートできるのだ。

ニオES6は2019年6月に中国で発売が開始されている。ニオ製のモデルが今後数年間に欧州で発売される予定を認める幹部はいなかった。しかし、ES6を欧州で販売できない技術的な不足は、ないといっていいだろう。

中国での発売価格は、政府の補助金を適用しなくても4万ポンド(568万円)からと魅力的。同カテゴリーで比較して、部分的な性能がトップ水準に届いていることを考えると、欧州でしばらく待たされることは残念に思える。

歴史あるブランドがEVモデルの投入に手を焼いている昨今。マゴマゴしていると、ニオのような新興ブランドから、訴求力のあるモデルが提供される日がやって来そうだ。

ニオES6プレミア・エディションのスペック

価格:約5万6000ポンド(795万円)
全長:4850mm
全幅:1965mm
全高:1758mm
最高速度:199km/h
0-100km/h加速:4.7秒
航続距離:429km(NEDC)
CO2排出量:0g/km
乾燥重量:−
パワートレイン:永久磁石モーター+誘導モーター
バッテリー:70kWh
最高出力:218ps+326ps
最大トルク:73.8kg-m(総合)
ギアボックス:シングルスピード

 
最新試乗記

人気記事