【マイナーチェンジ後こそ本来の姿】ジャガーXE 2.0(最終回) 長期テスト

2020.02.16

サマリー

ジャガーのエントリーモデルとなる4ドアサルーンがXEですが、アウディA4やBMW 3シリーズには押され気味。最終回を迎える今回は、マイナーチェンジ前後の比較を中心に、これまでの印象を振り返ります。

もくじ

積算1万6949km マイナーチェンジを受けたXE
積算1万7352km 順調に進むタイヤの摩耗
積算1万7548km マイナーチェンジ前後の比較
優れているものの、気になる点もいくつか
前期モデルのロードノイズと乗り心地
マイナーチェンジで得た嬉しい変化
XEは当初からこうあるべきだった
セカンドオピニオン
テストデータ

積算1万6949km マイナーチェンジを受けたXE

text:Steve Cropley(スティーブ・クロップリー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

マイナーチェンジにあわせて、後輪駆動のXE200と交代としてXE300が加わる。同じエンジンながらターボ過給を高め、車重は50kg増し。だが、200と比べて、300がとりわけ速くなったとは感じれれなかった。

エクステリアもインテリアもデザインは良くなっている。コーナーでのバランスも良好で、トラクションも高い。乗り心地は高級感を増した。ロードノイズもだいぶ静かになった点も素晴らしい。

ジャガーXE 2.0 Rスポーツ(マイナーチェンジ前・欧州仕様)
ジャガーXE 2.0 Rスポーツ(マイナーチェンジ前・欧州仕様)

積算1万7352km 順調に進むタイヤの摩耗

クルマの経年変化は、運転の仕方で大分違いが現れるが、200psのXEはタイヤの摩耗が良好に進んでいる。タイヤの空気圧をこまめに測っていることが大きいだろう。まだまだ溝は充分に深い。

おそらくこのまま行けば、リアタイヤは3万2000kmくらい、フロントタイヤは4万kmくらいは保ちそうだ。

ジャガーXE 2.0 Rスポーツ(マイナーチェンジ前・欧州仕様)
ジャガーXE 2.0 Rスポーツ(マイナーチェンジ前・欧州仕様)

積算1万7548km マイナーチェンジ前後の比較

モデル中期のマイナーチェンジが施される中で、前期モデルのジャガーXE Rスポーツを長期テスト車として走らせてきた。珍しいタイミングだったと思う。

前期モデルのXEを今の時期に選んだ理由はいくつかあった。そもそも良いクルマにも関わらず、あまり話題に登ることがなかったこと。前期モデルに見られた改善希望点が、マイナーチェンジでどれだけ良くなるのか。ジャガーはどのような変化を与えるのかにも興味があった。

 
最新試乗記