ニュース

2018.03.01

アウディ/ポルシェ、EVプラットフォーム共同開発 3種を順次投入 21年〜

編集部より

アウディとポルシェによる電気自動車の共同開発作業が10ヶ月前に開始されました。その中心となるのがPPE(プレミアム・プラットフォーム・エレクトリック)構造。共同でおこなうことでコストは3割ほど抑えられるといいます。EVモデルの多様化が期待されます。

アウディとポルシェ PPE共同開発 収益面で理想

アウディとポルシェによる電気自動車の共同開発作業が10カ月前に開始された。

「プレミアム・プラットフォーム・エレクトリック(PPE)と呼ばれる先進的アーキテクチャーの開発をおこなうこの共同作業の目標は、ともに未来のモビリティーを形成し、将来の電気自動車を迅速に市場へ投入することです」とポルシェは述べる。

両社は、共同作業をおこなうことにより開発能力を有効活用し、電動化、デジタル化、自動運転、そして効率の高い従来型駆動システムのさらなる開発といった、幅広い分野に取り組んでいる。

ポルシェAG取締役会長のオリバー・ブルーメは「これらの挑戦に自社だけで取り組めば、コストは3割程度高くなっていたはずです」と述べる。

また、アウディAG取締役会長、ルパート・シュタートラーは、次のように付け加える。「PPEは、わたしたちの未来にとってカギとなるものです。自動車産業において類を見ない今回のコラボレーションにより、クルマの特性、ゼロエミッション、収益性のすべてが理想的な組み合わせになります。つまり1+1が3になることを意味しています」

共同プロジェクトの拠点はインゴルシュタットとヴァイザッハに置かれており、3つのモデルファミリーが誕生する予定。

アウディは、両社のモデルを含む3つの車両プロジェクトのうちふたつを主導しており、残りのプロジェクトをポルシェが主導している。

このプロジェクトに関わる開発者の人数は、アウディが約550人、ポルシェが約300人となっており、その数はさらに増加していくとのこと。各開発担当者は、週2日間はパートナー企業で仕事をしているという。

プロジェクトのあかつきに、どのようなモデルに適応されるのだろうか?

 
最新海外ニュース