[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

新型BMW 1シリーズ FR廃止は残念? FF化で期待できることは

2018.03.20

100字サマリー

新型1シリーズがFF化すると聞いて、ガッカリされている方もいらっしゃるのではないでしょうか? しかし、AUTOCAR英国版編集部のマット・プライヤーによれば、FF化のメリットは大きいとのことです。フロントに駆動輪を移すメリットを具体的に見てみましょう。

text:Matt Prior(マット・プライヤー)

FRの響きは魅力的 ただし不満も

リア駆動のBMW 1シリーズはその控え目な存在感により、運転好きのドライバーにとっては常に魅力的なモデルだった。

2004年、この仕事を始めたばかりの若造だったころ、ありきたりのFFハッチバックに代わる選択肢として、本能的にこの「適切な駆動方式」をもつBMWに魅了されたことを思い出す。このクルマは、控えめなルックスのハッチバックに、新たな、そして本物のドライバー・アピールを与えることに成功した。

しかし、当時の1シリーズのできは満足というには程遠かった。縦置きエンジンや、トランスミッション・トンネルをなんとかその小さなボディに押し込んで作り出した後輪駆動モデルには、明らかにBMWの苦心の跡がうかがえた。

現行1シリーズでさえ、後席を見てみれば、横置きエンジンのライバルたちと比べて、いかにそのしわ寄せがリアシートにきていることにすぐに気付くことになる。

同様に、このクルマを運転してみれば多くの明らかな困難に直面することになる。

FF化 期待できるポイントは

こんにちでも1シリーズというのは、重量物がホイールベース内ではなく、その上に積み上げられたために、不必要に重心位置が高く、落ち着きのない乗り心地とハンドリングをもつハッチバックと言わざるを得ない。

その駆動輪をフロントへと変更することで、1シリーズの室内長は劇的に延長され、乗員に必要なスペースも十分に確保できるようになるだろう。

BMWが1シリーズの独特なリア重心のデザインをできるだけ引き継ごうというのは興味深い考えであり、おそらくそれは正しい判断だろう。

それでも、延長されたキャビンとリアドア、それに短くなったボンネットゆえのハンドリング向上を期待せずにはいられない。

 
最新海外ニュース