海外ニュース

2018.03.14

BMW1シリーズ新型 前輪駆動化の狙いは? M130iXの情報も

編集部より

BMW1シリーズ新型は、やはり前輪駆動になるようです。「FAARプラットフォーム」を採用することで、4つのメリットがあるとレポートされています。1台あたり最大10万円近いコスト削減になるとか。

最強モデル M130iX Mパフォーマンス

BMWの前輪駆動化が本格化している。2019年には、第3世代となる1シリーズが、FFモデルとして登場するのだ。

ただし、そのフラッグシップは、M130iX MパフォーマンスというAWD車である。これは、後輪駆動を採用してきたMモデルに負けないパフォーマンスを目指したい次期1シリーズにとっては、試金石となる1台だ。

開発はまた序盤である。競合車は、フォルクスワーゲン・ゴルフR、アウディS3、(2020年登場見込みの)メルセデス-AMG A35といったところだ。BMWが選んだパワーユニットは、2.0ℓ4気筒ターボで、300ps前後を発揮するだろう。AWDは、多板クラッチのxDriveシステムである。


BMWは2014年に、2シリーズ・アクティブツアラーを導入し、後輪駆動へのこだわりに別れを告げた。次期1シリーズでは、縦置きエンジンの採用をやめて横置きユニットとすることでスペース効率を改善する。これにより、
・車両重量の軽減
・パッケージングの改良
・生産工程の合理化
・収益の改善
という4つのメリットが見込まれる。
 
next pageFAARプラットフォーム コストを試算

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ