海外ニュース

2018.08.10

ジーリーホールディング、ロータスに2000億円超投資 持株比率は51%に

編集部より

ジーリーホールディングは、ロータスに15億ポンド(2124億円)超の投資を新たに行うと発表しました。ロータスの世界でのプレゼンス向上を図るとしており、ポルシェなどのようなメーカーを目指しているようです。AUTOCARはとてもハッピーなことだと捉えます。

ポルシェのような立ち位置に

新たにロータスの親会社となったジーリーホールディングは、スポーツカー分野での地位向上のため、15億ポンド(2124億円)超の投資を行うようだ。エチカ・オートモーティブからの株式取得により、持株比率を51%まで高めるとのことだ。

へセルの本社拡大とあわせ、コヴェントリーにロータス用デザインセンターが建設され、200人が新たに雇用される。これに引き続き、生産拡大に対応するための新たな工場が設立される。

また極東地域向けの車両は、中国の新工場で生産される。それでも英国に軸足をおくことに変わりはないという。「ロンドンタクシーの時と同様です。開発もデザインも生産もすべて英国で行います。50年に渡る経験を中国に移す必要はありません。英国でベストな仕事をしてもらいたいのです」とCEO。

ジーリーホールディングはブルームバーグに宛てたメールの中で、「ロータスを世界をリードするラグジュアリーブランドへと立て直します」と説明している。これはポルシェのような立ち位置をめざしているとも取れる。なおロータスは2020年までにSUVの投入を予定している。

ジーリー拡大計画は業界内でも最もアグレッシブなもののひとつだ。ロータス買収に引き続き、およそ64億ポンド(9000億円)を投じてメルセデス・ベンツの親会社であるダイムラーの10%を取得した。

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ