ロータス・エヴォーラGT410スポーツ ジム・クラークの愛車仕様 チャリティに

2018.07.18

サマリー

エヴォーラの「ジム・クラーク・スペシャル・エディション」が、チャリティに登場しました。カラーリングは、クラークが愛用した「エラン」がモチーフです。写真7枚でご紹介します。

ジム・クラーク・スペシャル・エディション 写真7枚

ジム・クラークの愛用したロータス・エランのカラー、トリムを採用したエヴォーラGT410スポーツが、発表された。

これはジム・クラーク・トラストが、チャリティに出品するもの。

1960年代にクラークが愛用したロータス・エラン(登録ナンバー:997 NUR)にインスパイアされ、
・赤のペイントワーク
・シルバーのルーフ
・シルバーのホイール
・タータンのインテリア装飾
を施した。車両はロータスのへセル工場でハンドビルド。バットレスには、クラークのサインを配した。

ジム・クラーク・トラストは、彼の事故死から50年目を迎える今年、ジム・クラーク・ミュージアムのリニューアルへ向けて準備を進めている。

クラークはF1では72戦に出走、25回の優勝と33回のポールポジションを獲得。いずれもロータスのマシンで参戦した。

1963年と1965年にワールド・チャンピオンに輝くも、32歳でこの世を去る。チャリティの収益金は、同ミュージアムの改築作業に充てられるという。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『ロータス・エヴォーラGT410スポーツ ジム・クラークの愛車仕様』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

 
最新海外ニュース

人気記事