ニュース

2018.08.23

ジャガー・ランドローバー・クラシック 北米まで拡大 対象モデルは?

編集部より

ジャガー・ランドローバーのクラシック部門が、英国、ドイツに引き続き3番目となる新拠点を、北米に構えるようです。生産終了から10年以上が経過したモデルを対象とし、レストアなどのサービスを提供します。

北米に新拠点 生産終了から10年以上が対象

ジャガー・ランドローバー(JLR)のクラシック部門が初めて欧州を出て北米に拠点を設けることになった。

ジョージア州サバンナに開設される新拠点は、顧客のクルマを扱う42のベイと75人の技術者を擁し、来年夏にオープンする。

欧州ではコヴェントリーとドイツのエッセン・ケトヴィッヒに拠点を持っており、その約8000㎡の敷地でレストアなどの作業が行われている。

生産終了から10年以上が経過したモデルが、JLRクラシックのオーバーホールプログラムの対象となる。つまり、X350世代のXJ、X100世代XK、そしてSタイプなどが最新の対象車種だ。XタイプやX358世代のXJなどは来年から対象となる。

JLRの発祥の地ともいえるコヴェントリーに設けられた同部門最初の施設は2017年6月に、ドイツ拠点は今年6月にオープンした。

JLRクラシックの業務には、EタイプやDタイプなどのような注目を集めるプロジェクトをはじめ、クラシックレンジローバーやランドローバー・シリーズ1などのレストアも行なっている。最近では、1948年の創業以来最初に生産されたプロトタイプ・シリーズ1のレストアも手がけている。

 
最新海外ニュース