[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

新型ダイハツ・タント/タント・カスタム 2019年型の燃費/価格/装備を解説

2019.07.09

新型ダイハツ・タントの装備

前述のミラクルオープンドアや運転席ロングスライドシートに加え、助手席イージークローザー、ドアロックを事前に予約できるタッチ&ゴーロック、クルマに戻ったときのパワースライドドア自動オープンを予約できるウエルカムオープンといった、軽自動車初の機能を備えて利便性を向上している。

TNGAによってフレームから作り直したシートは、快適性を向上させながらシートアレンジは簡単に操作でき、使い勝手も高めている。

ラクスマグリップやミラクルオートステップなど、高齢者の乗り降りをサポートするアイテムも装備する。

予防安全装備は「次世代スマートアシスト」に進化した。予防安全機能のスマートアシストに運転支援機能のスマートアシストプラスを加えた。

これにより、前述のアダプティブドライビングビーム(軽自動車初)、ブレーキ制御付き誤発進抑制機能(前方・後方)、全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロール、スマートパノラマパーキングアシスト(軽自動車初)など、全15個の機能を採用している。

 
最新海外ニュース