新型ダイハツ・タント/タント・カスタム 2019年型の燃費/価格/装備を解説

公開 : 2019.07.09 13:30  更新 : 2019.08.02 14:14

新型ダイハツタントのシャシー

DNGAによってゼロベースで新開発されたプラットフォームにより、高い基本性能を実現した。

このプラットフォームはサスペンションアレンジを最優先で設計し、ボディ骨格を最適配置した結果、操縦安定性と乗り心地の性能を最大限に引き出しているばかりか、衝突安全性、ノイズ・バイブレーション性能、そしてボディ強度も大幅に向上している。

プラットフォームは曲げ剛性を従来型に比べ約30%向上させるとともに、高張力鋼などハイテン材の活用や構造合理化により、プラットフォームを含むボディ骨格全体で約40kgの軽量化を実現している。

サスペンション形式は、フロントがマクファーソンストラット式コイルスプリング、リアがトーションビーム式コイルスプリング(FF)/3リンク式コイルスプリング(4WD)。

ブレーキ形式は、全車フロントがベンチレーテッドディスク、リアがリーディングトレーリング式ドラムとなっている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×