[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

メルセデス-AMG CLA45シューティングブレーク発表 421ps 2019年発売

2019.07.17

100字サマリー

メルセデス-AMGは新型CLA45シューティングブレークを発表しました。最近発表された他の45シリーズと同様、M139型2.0ℓ4気筒ターボを搭載し、「S」モデルでは421psを発生します。英国では今年秋頃に発売されると見られています。

もくじ

秋に発売 420psに
AMG専用デザイン 実用性も向上

秋に発売 420psに

メルセデス-AMGはコンパクトカーのラインナップ刷新を続けており、CLA45 4マティック・シューティングブレークを発表した。

このクーペ風エステートは2019年後半に発売され、その価格は5万5000ポンド(739万円)程度になると言われている。A45 4マティックおよびCLA45 4マティックと同じく2.0ℓ4気筒ターボを搭載する。M133ユニットの発展形となるM139は2種類のチューニングが用意されるとのことだ。

英国仕様ではよりパワフルなCLA45 S 4マティック・シューティングブレークが導入される。これは先代よりも40ps増強されて421psに、最大トルクは2.5kg-m上乗せされて51.0kg-mとなった。A45やCLA45と同様、パドルシフト付き8速DCTが組み合わされる。

ハルデックスのマルチプレート・クラッチ式4WDシステムはふたつのクラッチにより各輪へのトルク配分を独立して制御することができる。この新システムにより、ドリフトモードが新たに追加された。

これは6種類のモードが用意されるダイナミック・セレクトで選択する。他にはスリッパリー、コンフォート、スポーツ、スポーツ・プラス、そしてレースが選択可能だ。

 
最新海外ニュース