ニュース

2019.08.21

フェラーリSUV、V6またはV12ハイブリッドの4WD? 新エンジニアリング挑戦

編集部より

フェラーリが初めて挑むSUVの開発について、同社の最高技術責任者から話を聞きました。「プロサングエ」と呼ばれているこのクルマは2022年発表予定。フロントに搭載するV6またはV12エンジンにモーターを組み合わせた四輪駆動になる可能性が高そうです。

もくじ

既存のSUVとは全く異なる一面を持つ
全く新しいエンジニアリングに挑戦
2種類のフレキシブルなアーキテクチャ
ハイブリッド技術はSF90から
新しいインテリア・レイアウトを採用
難しい挑戦であり、楽しみでもある
需要に応じて様々な仕様が実現可能
デザイナーとエンジニアが協力
フェラーリSUV 今後のライバルたち

既存のSUVとは全く異なる一面を持つ

フェラーリは近い将来に発表を予定しているSUVの開発を熱心に進めている。快適性、インテリア・デザイン、車内の広さ、パワートレインのテクノロジーなどの点において、このクルマは同ブランドをまったく新しい方向性に導くものになる。

2022年の発表に向け、「プロサングエ」(イタリア語でサラブレッドという意味)というコードネームで開発されているフェラーリのSUVは、市場ではアストン マーティンDBX、ランボルギーニ・ウルス、ベントレー・ベンテイガ、ロールス・ロイス・カリナンなど、他の高性能で超高級なSUVとは一線を画した独自の地位を築くことが約束されている。

フェラーリF8トリブート
フェラーリF8トリブート

昨年、フェラーリは2023年までに15台の新型車を発表すると予告した。当初「175」という開発コードで知られていたこのSUVは、その中の1台だ。

これらの新型車では、2種類のプラットフォームを使って2種類の異なるモデルラインが作られる。1つはF8トリブートのようなミドエンジンのスーパーカーで、もう1方はフロント・ミドエンジンのGTだ。新型SUVもこちらに含まれる。

「わたしはこの新型車とその技術コンセプトに納得しています」と、フェラーリで最高技術責任者を務めるマイケル・ライターズは独占インタビューで打ち明けた。

「われわれは、一面においては本物のSUVとなるコンセプトとパッケージを見つけ出しました。SUVの購入者に対しても説得力を持つでしょう。しかし、その一方では既存のSUVとは全く異なる一面も持ちます」

 
最新海外ニュース