海外試乗

2019.06.07

試乗 ベントレー・ベンテイガ・スピード 世界最速SUV W12エンジンは635psへ

ベントレー・ベンテイガ・スピード

テスト日 : 2019年5月29日

価格 : 18万2200ポンド(2641万円)

文・アンドリュー・フランケル 

編集部より

当初のW12エンジンを搭載したベンテイガに置き換わるように登場した、ベンテイガ・スピード。世界最速SUVをうたう卓越したパワーとパフォーマンスは、一層磨き込まれています。エクステリアデザインの好みは分かれそうですが、グランドツアラーとしての実力は一層高まりました。

もくじ

どんなクルマ?
標準グレードにかわってW12気筒を搭載
どんな感じ?
パフォーマンス向上に合わせて価格も上昇
ベントレー流の適度なスポーティー加減
「買い」か?
ブランドの個性が表れた芸術
スペック
ベントレー・ベンテイガ・スピードのスペック

どんなクルマ?

標準グレードにかわってW12気筒を搭載

ベントレーの変化にはなかなかスピード感がる。昨年の初頭までは、極めて高次元で設計され、独占的とも思えるほどの存在感を持つベンテイガを購入する際、V型8気筒ディーゼルと、標準グレードとしてW型12気筒のガソリンモデルが選択肢となっていた。

しかし今はどちらも選択することはできない。ディーゼルエンジンは、ベントレーも属するフォルクスワーゲン・グループによるディーゼルエンジンからのシフト戦略によって、ラインアップから外されている。そしてW型12気筒エンジンのグレードは、新しく登場することになったスピードに置き換わることになった。

加えて、ベントレーとしては60年ぶりとなる6気筒であり、ベントレーの歴史としては初めての、V型6気筒モデルも間もなく登場する予定。こちらにはハイブリッド・システムが搭載される予定だ。

今年のジュネーブモーターショーでのプレス向けの資料には、スピードの登場に合わせて標準のW型12気筒グレードが消滅するという情報はなかったように思う。しかし実際のところ、従来のW12を搭載する標準のベンテイガは、1年前から静かに製造を終了していたわけ。わたしにとってはベントレー・ベンテイガ・スピードは、既存ラインナップへの追加グレードという受け止め方だったのだが、そんなことはないのだった。

とにかく、ベントレーの「スピード」を関するモデルは、パワーアップされたエンジンと、締め上げられたシャシーを備えている。最高出力はW12の611psから635psへと高められ、サスペンションは硬く再設定。スポーツモードの設定も新しくなり、エンジンのマッピングや、トランスミッションの変速、48V電圧で駆動する電動アクティブロールコントロールシステムなどは、よりアグレッシブなものになった。カーボンセラミックブレーキも、オプションとはなるが、選択できる。

それでは走りの変化はどうだろうか。

 
最新試乗記