[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

2019年後半 英国版これから登場予定のニューモデル 一挙ご紹介 9月分 後編

2019.08.24

100字サマリー

今年も半ばを過ぎましたが、英国市場ではニューモデルの登場が続きます。日本でもお馴染みのモデルから、あまり聞いたことのないようなモデルまでご紹介する9月デビュー分後編です。実感するのはいま自動車業界が直面する大きな変化でしょうか。

もくじ

ポルシェ・タイカン
レンジローバー・ヴェラールSVオートバイオグラフィー
ルノー・メガーヌRSトロフィーR
スコダ・スパーブiV
トヨタ・スープラ
フォルクスワーゲン・パサート
ボルボXC90

ポルシェ・タイカン

ポルシェにとってタイカンはかつてないほど重要なモデルであり、それは初代911をも凌ぐほどだ。その理由とは、このクルマがポルシェ初のEVであり、SUVのカイエンが登場して以来、もっとも大胆なモデルだと見做されているからに他ならない。

タイカンは、ポルシェがテスラと同じようなスポーティな4ドアEVモデルを創り出せるということの証明であり、53億ポンド(6916億円)もの電動化への投資というポルシェの賭けが、成功するかどうかの試金石でもある。

ポルシェ・タイカン
ポルシェ・タイカン

9月に開催されるフランクフルトモーターショーでのデビューでは、タイカンのこうした背景を思い出さないわけにはいかないが、それでも、このクルマを1台の自動車として評価する必要があることも忘れてはならない。

レンジローバー・ヴェラールSVオートバイオグラフィー

レンジローバー・ブランドのミッドレンジを担うこの美しいSUVにも、他のレンジローバー同様、トップグレードとしてSVオートバイオグラフィーが登場することになる。

レンジローバー・スポーツのトップモデルと同じ5.0L V8スーパーチャージャーエンジンを積むこのクルマには、燃費性能と引き換えに強力なパワーとトルクが与えられているが、他のハイパフォーマンスSUVとヴェラールとを分かつのは、強烈な刺激よりも快適なグランドツアラーであることを優先したそのセッティングにある。

レンジローバー・ヴェラールSVオートバイオグラフィー
レンジローバー・ヴェラールSVオートバイオグラフィー
 
最新海外ニュース