ミニバンのカスタム アメリカなぜ少ない? 日米で異なる事情 数千台の出展車わずか1台

2019.11.25

サマリー

日本のカスタムカーショーを見ると、ミニバンのカスタムはとても多いです。いっぽうアメリカでは、数千台の出展車のうちわずか1台というほど少ないです。調べてみると日米まったく異なる事情がありました。

もくじ

ミニバン、アメリカ生まれ フルに対するミニ
米でミニバンのカスタムが少ない理由
そもそも米でミニバンの車種が減っている
多くの人々の関心を集めるか=費用対効果
2015:トヨタ・シエナDUBエディション
2015:トヨタ・シエナ・リミックス
2015:SEMA/Toyota トヨタ・シエナRチューンド・コンセプト
2016:SEMA トヨタ・エクストリーム・シエナ

ミニバン、アメリカ生まれ フルに対するミニ

text:Kumiko Kato(加藤久美子)

ミニバンというカテゴリーのクルマが生まれたのは1983年のアメリカである。

クライスラー社のダッジ・キャラバンと、その兄弟車にあたるプリムス・ボイジャーの2車種が元祖ミニバンである。

年々減っているアメリカのミニバンカスタム。画像は2016年、トヨタブースに展示された、トヨタ「エクストリーム・シエナ」
年々減っているアメリカのミニバンカスタム。画像は2016年、トヨタブースに展示された、トヨタ「エクストリーム・シエナ」

生みの親は今年7月に94歳で亡くなった、当時クライスラー社の会長であったリー・アイアコッカだ。

ほぼ同じ時期に欧州では似たコンセプトを持つ「モノ・スペース」のルノー・エスパスが発売されていたが、「ミニバン」として世に送り出したのはクライスラー社が世界初。

その後、クライスラー社のミニバンはアメリカで大ヒットとなり、クライスラーの経営危機を救ったのは有名な話である。

GMやフォードも追随し、とくに1985年に発売されたシボレー・アストロ(GMCサファリ)は日本へもノーマルモデルをヤナセが正規輸入していた時期があった。

また、スタークラフトなどのコンバージョンモデルも日本で大人気になった。ジープチェロキーと並ぶ、日本で最も売れたアメリカ車だったのだ。

ところで、MINI-VANの「ミニ」とはどういう意味なのか? 簡単に言うと当時のダッジバン、シェビーバン、フォードエコノラインなどの「フルサイズバン」に対する「ミニバン」という意味になる。

全幅2000mm+全長5700mmのボディサイズに対して、ミニは全幅1750-1800+全長4600−4700mmと小ぶりなサイズに収まっている。

ただしこれも、代を経るごとに大型化し、最新のクライスラー・パシフィカは全幅2000mm+全長5000mmを超えており、かつてのフルサイズバンに迫るボディサイズとなっている。

 
最新海外ニュース

人気記事