【横目デザインもセレブ人気】新型キャデラック・エスカレード(5代目) 登場の背景

2020.02.11

サマリー

第5世代のキャデラック・エスカレードがビバリーヒルズで発表されました。「横目デザイン」に対する現地の反応は良好。さて、エスカレードの歴史を振り返るとともに、現地での受け入れられ方を見てみましょう。

もくじ

第5世代エスカレード、2020年秋に北米発売
エスカレード、なぜ1999年に登場したのか
プレミアムフルサイズで独自路線を貫く
アーリントン工場 エスカレード製造に誇り

第5世代エスカレード、2020年秋に北米発売

text:Kenji Momota(桃田健史)

エスカレードも、ツゥ~んとした横目に。

近年のキャデラックSUV&クロスオーバーのトレンド、XT6に代表されるグリルフェイスで、新型キャデラック・エスカレードが登場した。

新型キャデラック・エスカレード
新型キャデラック・エスカレード

米ゼネラルモーターズ(GM)が新型エスカレードの世界発表に選んだのは、世界屈指のセレブタウン、カリフォルニア州ビバリーヒルズだ。

発表日は、アメリカ時間の2020年2月4日。GMがこの時期に単独モデルの世界発表を独自イベントで行うことは極めて稀。

理由は、旧来型の北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー)が事実上、廃止されたからだ。

デトロイトショーは、6月に新たにITとカルチャーを掛け合わせたイベントとして再出発する。

こうした自動車産業界の時代変化は、結果的に、エスカレードにとってはプラス要因になったと思う。

第5世代となったエスカレードは、ダッシュボードに38インチの曲面OLEDディスプレイや、自動車向け初搭載となるオーストリアのオーディオブランド・AKGのユニットを搭載。エンターテインメント業界の人々にとっては、大きな話題である。

エクステリアで第3世代から続いてきた、縦型ヘッドライトのフェイスが変わったこともエスカレード新時代の象徴として、ビバリーヒルズでは快く受け止められている。

それほどエスカレードのブランド価値は高いのだ。

 
最新海外ニュース

人気記事